スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐 亮太 東京ヤクルトスワローズ

2010年 メジャーへ移籍。。

五十嵐 亮太(いがらし りょうた)は、東京ヤクルトスワローズの投手です。
右投げ右打ち。背番号は53番です。
球界を代表する速球投手です。
日本プロ野球において日本人として最速となる158kmの記録を持っています。
一時、日本人でもっとも160kmに近い男と言われたこともあります。
肘を故障してからは、全盛期に比べるとほんの僅かに球速は落ちましたが、そうは言っても150キロを超えますので速いのですが・・・


五十嵐 亮太のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は 1979年5月28日生まれです。
身長は178cm、体重 74kgです。
出身地は北海道留萌市ですが、野球は千葉県のリトルリーグから始めます。
出身高校は敬愛学園です。
野球では全く名が知れている学校ではないですね。
なにせ中学時代には一塁手をしていたということですから、プロ選手にありがちなエースで4番をずっとやってきたというわけではないんですね。
しかし高校でその肩の強さを見抜いた監督が投手(ピッチャー)として起用、すべてがここから始まったといっても過言では無いでしょう。
五十嵐一人の力で地方大会で優勝候補にまでなりましたが、結局甲子園出場は果たせませんでしたが、剛腕投手として全国で名が知れる存在んになりました。
当然プロからも注目を集めます。
1997年のドラフト会議でヤクルトスワローズから2位で指名をうけプロ入りを果たします。

五十嵐 亮太のプロ入り一年目の1998年は、一軍登板はありませんが、高卒ルーキーですからそんなに珍しいことではありません。
2年目のシーズンからチャンスが巡ってきます。
一軍で中継ぎとしての活躍を始めます。もちろん注目はその速球。
一軍へ定着していきます。
それからは故障に苦しむシーズンもありましたが、ヤクルトの中継ぎというかセットアッパーとして不動の地位を獲得。
2000年のシーズンには、中継ぎであわや最多勝といったチャンスもありましたし、2004年には158キロという最高球速を記録しています。


↑五十嵐 亮太 モデルのグローブ。

しかしそのボールを担ぐような形から投げ込むフォーム故か肘への負担により右肘靭帯断裂という大きな故障をしてしまい、肘にメスを入れることになります。トミー・ジョン手術というものだそうです。
結局2006年シーズン途中から2007年間一年を棒に振ります。
2008年に見事復活を果たし、2009年シーズンには21試合連続無失点登板という東京ヤクルトスワローズの球団記録も樹立しています。

五十嵐 亮太の持ち球(球種)は、速球とフォークの2種類が基本。
スライダーとカーブもあるようですがめったに投げないですね。

五十嵐 亮太のプライベートは彼女など気になる存在でした。
何といっても 球界のキムタク と言われるその容姿。
SMAPの木村拓哉さんに顔が似ているということで、人気と野球の実力と高いです。
テレビで実際に共演したこともあります。

横浜ベイスターズのマスコットガールであった人と結婚して既婚者です。
子供も娘が二人います。

あとスワローズマンという覆面男のブログが立ち上がりましたが、間違いなく五十嵐良太本人ですね。。
そんなお茶目な一面もあります。

五十嵐 亮太 投手、その速球を武器に活躍を続けています。
やはり何と言っても、ストレートは一番の魅力ですが30代にも入ってきましたので、いかにピッチングの幅を広げていくかということは、これからの大きな課題なのかもしれません。
160kmのボールも見せてほしいですが。。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

西岡 剛 千葉ロッテマリーンズ

メジャーへポスティングで移籍。

西岡 剛(にしおか つよし)は千葉ロッテマリーンズの内野手です。
背番号は7番です。
プロ野球選手ですが、モデルといっても通用するようなその容姿で女性のファンも多い選手です。
(”ロッテの亀梨くん”と呼ばれることもあります。KAT-TUNの亀梨和也さんに似ているともいわれます。)
千葉ロッテマリーンズの中心選手として、打順は1番で、守備はショート(遊撃手)またはセカンド(2塁手)という、チームにとって要となる役割を担っています。

↑西岡選手のバッティングフォーム画像です。
西岡 剛 選手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1984年7月27日生まれです。
身長180cmで体重が80㎏で、右投げ両打ちのスイッチヒッターです。
出身地は大阪府大東市ですが、小さいころは奈良県に住んでしました。
出身校は野球の名門校で多くのプロ野球選手を輩出している大阪桐蔭高校です。
本当はPL学園へ入りたかったのですが残念ながら不合格となり、それ以来打倒PLが目標になったとか。

2002年に4番で主将として甲子園に出場しており、その活躍がプロの目にとまりました。
きっとこのころから女性ファンもいっぱいいたんでしょうね。画像や写真とかもたくさんあるでしょう。
(高校通算本塁打は42本と長距離砲という感じますが、プロの世界へ入ると全くそんなこと感じないですからやっぱりレベルが違いますね・・)

その年のドラフトに千葉ロッテマーリーンズにドラフト1位で指名されて、プロの世界へ足を踏み入れます。

高卒ルーキとしてはプロ入りした最初のシーズンから一軍へ上がるなど、その期待の大きさがうかがえます。
西岡 剛 選手にとって転機となったのは、高橋慶彦コーチとの出会い。
スイッチヒッターへ挑戦し、練習の虫といわれるほどの練習量で自分のものとしてしまします。
2005年からは千葉ロッテマリーンズの完全なレギュラーとして活躍を始めます。
打率も徐々に上がってきてシーズン3割をマークするようにっています。

↑西岡選手のオフィシャルブックです。詳しくは画像をクリック。

その俊足にも定評があり盗塁王も2005年 2006年と連続して獲得していますが、足の故障もあって少し不安の残るところです。
しかし、実は西岡選手の50メートル走のタイム6秒台前半で、プロ野球選手の中では飛び抜けたものではありません。早い方には入りますが。
それだけ野球センスが優れているということを証明しています。

西岡 剛 選手のプライベートでは、彼女等のうわさもありました。
「恋するハニカミ!」でデートしたタレントの さくら との交際が発覚しましたが、どうやら破局したようです。
いまは付き合っている恋人はいるのでしょうか。
相撲界の大関 千代大海ともとても仲がいいことが知られています。

クイズヘキサゴンへの出演では、おバカぶりを発揮して珍回答続出で司会の島田紳助さんにはレギュラー出演の誘いを受けるほど・・・・

日本を代表する野手である西岡 剛 選手これからもどんどん活躍してくれるでしょう。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

川崎 宗則 福岡ソフトバンクホークス

2012年 イチローの後を追って(この軸は全くぶれていません)
マリナーズとマイナー契約から、メジャーへの道を勝ち取りました。
オープン戦で素晴らしい成績。

川 宗則(かわさき むねのり)は、福岡ソフトバンクホークスの内野手です。
野球の実力もさることながら、その容姿から女性ファンから絶大な支持を受けている選手ですね。
愛称は ムネリン とかわいらしい感じ。
背番号は52番。
この背番号には強いこだわりがあります。
誰もが知る日本人メジャーリーガー イチローの背番号が51番。
そのイチローを尊敬する川崎 宗則は、その一つ後ろの番号にこだわっているんです。
シーズンオフに川崎選手とイチロー選手が一緒に練習する姿がニュースになったりします。

もちろん野球での実力は折り紙つき。
福岡ソフトバンクホークスのレギュラーでショートを守ります。


川 宗則のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1981年6月3日生まれです。身長が179cmで体重は74㎏です。
どちらかといえば細い方ですね。
出身地は鹿児島県姶良郡姶良町です。
出身校は鹿児島県立鹿児島工業高等学校 (鹿児島工業高校)で野球の名門高校ですが、甲子園へ出場しての活躍はありませんでした。
九州では俊足で、安打製造機ということで、薩摩のイチロー ”サツロー”と呼ばれていました。(ちょっと微妙な感じですね・・・)
これらの活躍が地元球団のホークスに見いだされて1999年のドラフトで4位指名を受けてプロの道へとすすみました。


↑川 宗則選手モデルのグローブです。詳しくは画像をクリックしてください。

プロへ入ってからは、高卒ルーキーということでいきなり一軍での活躍はありませんが、ウェスタンリーグでは、首位打者や盗塁王などその才能を発揮していました。
川崎 宗則が一軍での本格的な活躍を始めたのは、2003年からです。
レギュラーだった小久保や鳥越の故障などで出番が回ってきました。
しっかり打率や盗塁などの結果を出して、レギュラーを獲得しました。
それからの活躍は言うまでもありませんね。
ベストナインやゴールデングラブを獲得するなど、大活躍をみせ、WBCの代表に選ばれるなどしています。
WBCでの本塁へ滑り込んだ時のベーツタッチは”神の手”ともいわれました。

そんなムネリン 彼女は今いるのでしょうか。
いろんな噂がありますね。モデルと付き合っているとか、数年付き合った彼女が東京にいるとか。。。
女性ファンにとっては大きな関心事なのでしょうね。結婚の知らせがあるまではまだチャンスはありです。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

川上憲伸 メジャーリーガー(アトランタ・ブレーブス)

川上憲伸(かわかみ けんしん)はアトランタブレーブスの投手です。
背番号は11番です。
これは以前所属していた中日時代の番号と一緒です。

川上憲伸は日本球界を代表する投手で、中日ドラゴンズへ入団して以来活躍を続け、2009年シーズンより念願のメジャー挑戦となりました。
ピンチにも全く動じない強気のピッチングが印象的な投手です。
最多勝など投手部門の数々の賞も獲得しています。


↑川上モデルのグローブです。詳細は画像をクリックして下さい。

川上憲伸は大学時代から巨人の高橋由伸と投手と打者という立場でのライバル関係で、プロでの対戦でも明らかに気合が入っていることが分りました。

では川上投手のプロフィールなどを見て行きましょう。
生年月日は1975年6月22日で、出身地は徳島県徳島市になります。
身長が179cmで体重は90kg。

出身校は徳島商業高校で、3年生のときにエースで4番というポジションで、甲子園出場を果たし、準々決勝まで行く活躍を見せましたが、このときはドラフトにはかかりませんでした。
大学は明治大学へ進学してもエースの座を獲得して、東京六大学野球秋季リーグ優勝に導くなどの目覚しい活躍を見せました。

1997年のドラフトで大学の先輩である星野監督が指揮を取る中日ドラゴンズを逆指名して、ドラフト1位指名としてプロの世界へ入りました。


↑川上の画像です。投球フォームが良くわかります。
クリックすると拡大して見ることができます。

川上憲伸はプロ入りしてからも、入団1年目で14勝を上げ新人王を獲得、年によって好不調の波や故障などもありましたが、実績を積み重ね着実に中日ドラゴンズのエースとしての階段を上っていきました。

川上憲伸の持ち球(球種)は、ストレートが145kmを越える速球で、それを軸にカットボール、シュート、カーブ、スライダー、フォークと多彩です。
特にカットボールは川上の代名詞のようなもので、メジャーリーガーにも絶賛されました。
ただカットボールの使いすぎか、すこしストレートが落ちてきた感じもあり、2008年は再びストレートを多くして力を取り戻したような気がします。

バッティングが大好きなことも有名で、現役の日本人投手では最も多くのホームランを打っています。

アメリカへ渡る川上憲伸ですが独身で、一人暮らしになるはずです。
連れて行く彼女とかはいないのでしょうか。。

上原 浩治 オリオールズ(メジャーリーガー)

上原 浩治(うえはら こうじ)はボルチモア・オリオールズの投手です。
日本ではドラフトで1998年からジャイアンツに入団して以来ずっと活躍をしてきました。
巨人での背番号は”19”で、10年間で112勝 33セーブをあげています。

上原投手は、入団した当初からメジャーリーグへの挑戦を希望していて、ポスティングでの移籍の道も探ってきていましたが、2008年にFA権を取得してオリオールズに入りました。
契約金は2年総額1600万ドル(約14億4000万円)とのことです。
年棒が約7億円ということですが、日本の大物投手としてはそんなに多い額ではありませんが、サブプライム問題でアメリカ経済が混乱しているので仕方ないところでしょう。

オリオールズは先発投手が不足しており、2番手の投手として期待されています。


↑上原の画像です。投球フォームもみられます。クリックすると拡大できます。

上原投手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日が1975年4月3日生まれです。
身長が185cmで体重が85㎏です。
出身地は大阪府寝屋川市ということで関西育ちですね。
出身校は高校が東海大学付属仰星高等学校 で控え投手であり、特に注目などは集めることはありませんでした。
才能が開花したのは大学で、大阪体育大学へ(大体大)へは、1年浪人して入学するというプロになる野球エリートととは大きく違い道を歩んでいます。

そんなことから”雑草魂”という言葉を上原投手は使います。

大学では阪神大学リーグで大活躍。
大学の4年間で36勝4敗、最優秀投手賞4回、特別賞2回ということでプロの注目を集めました。何といっても国際大会に強く、大学3年生の時に無敵のキューバに対して先発して勝利をもぎ取る投球もしました。

1998年のドラフトで逆指名で1位指名されました。

この国際大会に対する強さはプロへ入ってからも発揮しています。
オリンピック代表、WBC代表となり全く負けなしという成績を継続中です。

上原浩二のピッチングは、ストレートとフォークが基本です。
ただしこのフォークと言っても、数種類を投げ分けることが出来て、何といってもそのコントロールが抜群です。


↑上原モデルのグローブです。クリックすると詳しく見ることができます。

球種(持ち球)は、先ほどのストレート、フォーク、スライダー、カットボール、カーブを投げることができます。
ストレートはジャイアンツ入団当初は150kmを超えていましたが、故障などで140km台の中盤まで球速は出るかでないかという程度にはなりましたが、コントロールと球のキレは抜群です。

日本では数々の賞をとっており、入団した年は15連勝という記録をうちたて、シーズン通して20勝をいきなり上げました。
新人王(1999年)
最多勝利 :2回(1999年、2002年)
最優秀防御率 :2回(1999年、2004年)
最多奪三振 :2回(1999年、2003年)
最優秀投手 :2回(1999年、2002年)
沢村賞 :2回(1999年、2002年)
ベストナイン :2回(1999年、2002年)
ゴールデングラブ賞 :2回(1999年、2003年)
というすごい実績をもってメジャーに挑戦ということになります。

すでに結婚はしていて、2004年に元モデルの山美穂さんと結婚しています。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。