スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥谷敬 阪神タイガース

鳥谷敬(とりたに たかし) 阪神タイガースの内野手です。
背番号1番

阪神の内野の要 ショートを守り、打者としてもクリナップを担うまさに阪神の中心選手。
打撃も年々よくなってきていますし、相手にとって怖いバッターですね。
連続試合出場を継続中で、鉄人 と言われる日も近いかもしれません。

では、鳥谷敬のプロフィールから見て行きましょう。

出身は、何となく関西のイメージがありますが、東京の東村山市。
生年月日は1981年6月26日で、30代に入って来ました。

身長179cm
体重80kg と、プロ野球選手としては平均的なところでしょうか

出身高校は聖望学園高校 で、3年生の時に夏の甲子園に出場しています。
ショートが本業でしたが、場合によってはピッチャーとしても出ることがあったようです。
肩も強いんですね。

ただ、この時点では特に注目は集めず大学へ進学。
早稲田大学での活躍で、一躍プロの注目を集める存在に成長します。
6大学野球で 3冠王をとったり、ベストナインに5度選ばれるなど大活躍。

2003年ドラフトでは、自由枠で4球団の争いの末、阪神タイガースを選びました。
(ちなみに争った球団は、ジャイアンツ、ベイスターズ、ライオンズ)

2004年のプロ入り初シーズン
開幕スタメンショートで迎えます。
当時の阪神には藤本が活躍中で、正直実力的には微妙なところもありましたが、将来の阪神タイガースのことを考えてのことだったのでしょう。
1年目特に前半は、プロの壁にぶち当たりましたが、後半は成績も上がってきました。

その次の年以降は、完全に阪神タイガースのショートは鳥谷 となりました。
バッティングも下位打線から、中軸へとステップアップ
打率も順調?に伸ばしてきています。

特に統一球となった、2011年には、他の打者が軒並み数字を落とす中 3割を打ったのは非常に大きな価値があります。

守備はずっと安定していて、高い守備率を誇ります。
2011年の守備率は、遊撃手として史上最高を記録、もちろんゴールデングラブを取っています。

プライベートでは、2005年に高校時代の1歳上のマネージャーだった女性と結婚しています。純愛を貫いたというところでしょうか。
2006年には、長男が誕生しています。

が一度躓いています。
週刊誌に夜の3冠王と。。。結婚後ですから大変なこともあったのでは
球団からも注意をうけています。

今後は、野球で本当に3冠王取ってもらいたいですが、ホームラン王は若干厳しいか。
盗塁も増やしているのでトリプルスリー(3割 30本 30盗塁)狙うチャンスあるかも。
スポンサーサイト

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

俊介 阪神タイガース

俊介(しゅんすけ)は 阪神タイガースの外野手です。
背番号7番を背負う
期待の若手。
俊足で守備範囲が広い選手です。

2010年までは藤川で登録していましたが、阪神には絶対的守護神
藤川球児がいるため、球団の勧めもあり 登録名を俊介へ変更。

2011年レギュラーどりに行く中、金本の連続試合出場記録を止めた男として名前が刻まれました。(2アウトで、盗塁失敗 この時打席に立っていたのは 代打 金本でした。)

それはともかく、プロ入り一年目から124試合に出場を果たすというルーキーシーズンとしては十分な活躍でした。




では 俊介のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1987年8月17日生まれ。
身長177cm 体重72kg と細身な感じ。

出身地は、福岡県嘉穂郡桂川町で九州男児ですね。

出身高校は 福岡の野球目名門校 広陵高校。
1年生からレギュラーとして活躍を始め第85回全国高等学校野球選手権大会に出場します。
2年生でも第76回選抜高等学校野球大会に出ています。
高校通算本塁打は25本を記録。
高校卒業時にはドラフト会議でプロからの声はかからず大学へ進学。

選んだ大学は近畿大学(近大)です。
ここでも一年生の時からレギュラーをとっています。

関西学生リーグのベストナインを取るのは当然のごとく
3年の春にはMVPもとっています。

迎えた2009年のドラフト会議
このとき 俊介は、ドラフト3位以内でなければ社会人の東邦ガスへ入社すると表明していましたが・・・
なんと うっかり 阪神タイガースが5位指名してしまいます。

俊介はこの時悩みに悩んで体重が5㎏ほど減ってしまったようです。

結論としてプロ入りを選択。
阪神タイガースとしてはシテヤッタリという形になりました。

プロ入り後の初シーズン2010年
即戦力の期待通りの活躍。
代走 守備固め要因でしたが次第に先発出場も果たすようになりました。

2011年はレギュラー獲得のチャンスであり、俊介にとって重要なシーズンとなるでしょう。

プライベートでは、まだあまり浮いた話なども聞こえてきませんが、
大学出身ですし、彼女がいてもおかしくないですね。
一流アスリートは、年上の人と結婚するといいと言われていますがどうでしょうか。。

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

小林宏之 阪神タイガース

小林 宏之(こばやし ひろゆき)阪神タイガースの投手です。
背番号41
これはロッテ時代と同じ背番号です。
右投げ右打ち。
FAでメジャーへの道も模索しましたが、良い条件が得られなかったのか、早くから誠意を示していた阪神へ入団しました。

阪神では、藤川球児の前 セットアッパーの役割が期待されていますが、ロッテではクローザーを務めたので、ケースによってはセーブを挙げるかもしれません。

また、そのスラリとしたモデル体型もあり(足も長い)、イケメンエースと言われていたことも。



投球フォームも綺麗

では、小林 宏之 選手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日1978年6月4生まれです。
埼玉県草加市の出身です。
身長 183cm
体重 80kg

出身校は春日部共栄高校 野球では名前をしばしば聞く名門校ですね。
ただ小林選手は甲子園出場経験はありません。
がしかし、1996年のドラフトでロッテから4位指名です。
プロの目から見ていかに素質が優れていたかがわかりますね。

しかし、プロ入りしてからは順調にはいきませんでした。
高卒ルーキーの投手ですから、なかなかいきなり一軍のというのは無いのですが、
入団して4年間は全く一軍での登板はありませんでした。
その間は、相当荒れていた時期もあったようです。
(当然、まともな成績も残せるはずがなく。。)
どうやらそれを救ってくれた恩人は、ヤクルトから移籍してきた同級生の山崎貴弘 選手ということです。

そして5年目にしてついに才能が開花し始めます。
2001年 中継ぎや先発での登板があり、初勝利を上げます。
主に中継ぎとして活躍を始めます。
完全に先発として起用され始めたのが2004年から、チームの主力投手としてチームを支えます。
コンスタントに2桁勝利を上げるようになりましたが、
2008年 2009年と勝ち星が上がらなくなり、クローザー小林雅英が抜けてポジション的に空きが出来ていたこともあり、2010年は完全にクローザーに専念。
見事な成績を残します。
FA権を獲得して、メジャーへの道も模索しましたが・・・・。

日本代表の投手としても活躍しています。
WBCとかでも活躍、ただ北京オリンピックは、コンディションが上がらず選ばれなかった。

持ち玉は 直球が武器 140 km/h台も後半のスピードを持ています。
変化球 スライダー、フォーク、チェンジアップが基本的なものです。


プライベートでは、すでに結婚しており、彼女とかの話はないですね。

2004年開幕前に、小林宏之25歳の時に当時18歳の女性と入籍しています。
2005年に長男が生まれています。

運動能力も高く、バッティングも得意。
某局のスポーツマンNo.1を決める番組で、初出場で6位になるど。。

阪神 甲子園でどのような活躍を見せてくれるかは、期待ですね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

能見 篤史 阪神タイガーズ

能見 篤史(のうみ あつし)は、阪神タイガースの投手です。
阪神タイガースの中心投手として成長してきました。
背番号は14番です。

では能見 篤史のプロフィールを見てみましょう。
生年月日は 1979年5月28日生まれです。
出身地は、兵庫県出石郡出石町(現在は豊岡市となっています)と、阪神の地元と言っていいですね。


高校は鳥取城北高校で普通科体育コースで甲子園を目指しました。
地方大会ではノーヒットノーランを記録するなどしましたが、甲子園には縁がありませんでした。
ただ、能見 篤史は川口知哉、井川慶と並んで高校生左腕三羽ガラスと言われたように、すでに全国的に知られる存在でした。

高校卒業の時にはドラフトにはかからず、社会人野球の大阪ガスに入りました。
ここでは、怪我に泣かされ2003年からようやく活躍を始めます。
2004年には、日本選手権においてジャイアンツに一位指名された野間口貴彦と投げ合い(野村克也監督が率いていたシダックス)で勝利をおさめました。



2004年のドラフトで阪神が自由獲得枠(1位)で能見を獲得しました。
当然、即戦力として期待されていました。

プロ入り一年目の2005年は開幕から一軍登録されましたが、シーズン途中で2軍に落ちるなどしました。
その後も中継ぎなどで登板しますが、はまればすごい活躍をするのですがランナーを出すと制球を乱し失点をするパターンが多く、防御率も4~5点くらいで伸び悩んでいました。
2008年のシーズン後にはトレードの候補に挙がったりもしました。

能見投手は2009年にようやく花開くことになります。
シーズン通して先発ローてションを務め、13勝9敗の成績を収めます。

能見 篤史の持ち球はストレートとスライダーが軸です。
速球は140k台後半です。
フォークボール、チェンジアップも持っており、非常に奪三振率が高いのも特徴です。

これから阪神タイガースを支える真の中心投手となれるかはこれからが勝負です。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

福原 忍 阪神タイガース

福原 忍(ふくはら しのぶ)は阪神タイガースの投手です。
背番号は28番。
右投げ右打ちです。
入団当初は、完全な速球投手でしたが、肩の故障があり現在は直球と変化球を上手く使って総合力で打者と勝負するするスタイルに変わっています。

↑福原選手の投球フォームの一部です。
福原 忍のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1976年12月28日生まれで、 広島県三次市の出身です。
身長が180cm 体重が86kgです。
出身校は広陵高等学校 (広陵高校)で、甲子園では名の知れた高校です。
日本ハムの二岡智宏とは、小学校から高校まで同じ学校ということです。
ただ甲子園には残念ながら縁がなかったようです。
東洋大学へ進学、東都大学の2部リーグではありましたが、1部への昇格への活躍がプロの目にとまりました。
1998年のドラフト会議にて、阪神タイガースに3位で指名を受けました。
契約金が9000万、年俸が1000万で契約をしました。

1999年のプロ入り一年目から、持ち前の150kmを超える速球を武器に先発・中継ぎ・抑えと活躍をします。
2000年からは先発一本でいきますが、なかなか勝ち星には恵まれませんでした。
右肩に疲労がたまったのか、肩を痛めて2002年のシーズンオフにメスを入れました。
2003年のシーズン後半に復活を果たしますが、やはりかつての速球を投げることはできません。(と言っても140km中盤のスピードは出ますから、そんなに遅いというわけではないですね)



そこから徐々にイメージチェンジを果たし、速球と変化球をうまく組み合わせて投げるスタイルへ変貌していきます。
コントロールもとてもよくなりました。

福原 忍の持ち球は、速球と変化球で、110km/h前後で落差の大きいスローカーブ、カット・ファスト・ボール、スライダー、フォークボールを投げます。

福原投手がいい投球をすると援護に恵まれないというパターンが多く、防御率の割に勝ち投手となることが少ないです。
バッティングも得意な投手です。

趣味はブラックバス釣りで、チームメイトと一緒に行くこともあるようです。

投手として円熟を迎えるような時期に入ってきた福原 忍 阪神の中心的な投手として活躍してくれるでしょうか。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。