スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中 健二朗 横浜ベイスターズ

田中 健二朗(たなか けんじろう)は横浜ベイスターズの投手です。

プロフィールは生年月日が1989年9月18日うまれです。
出身地は愛知県新城市というところで、結構知名度が低いところですね。
それを表すかのように高校時代のあだ名は ”田舎”なんて呼ばれていましたし。
ドラフト指名会見後の横浜の球団会見では『ハマの田舎』と呼んで下さいとまで言っています。

身長180cm 体重79kg の体格です。

田中 健二朗の球種はストレートと変化球がカーブ、とスライダーが主なものです。  制球力と球の切れで勝負していくタイプですね。
ストレートはMAX139km/hで決して速い方ではありませんね。

出身校は常葉菊川高(常葉学園菊川高校)で、このときに世間の注目をあびました。
3年生の時エースとして第79回選抜高等学校野球大会を優勝して、その夏の大会も第89回全国高等学校野球選手権大会で春夏連覇という偉業を達成する一歩手前までいきました。



↑田中 健二朗の画像です。クリックすると拡大してみることができます。


これで一気に静岡県の常葉学園菊川高校(とこはがくえんきくがわ)が有名になりましたね。
静岡といえばサッカーでしたから少し意外な感じも受けました。

田中 健二朗も注目され、多くのメディアで取り上げられました。
田中 健二朗の映像とか画像や写真は、いまのところ高校時代のものが多いですね。
なかなかイケメンで甘いマスクですのでもてるでしょう。
彼女なんかもいたのでしょうか。

2007年10月3日の高校生ドラフトで横浜ベイスターズから1巡目指名を受けました。
契約金7000万円、年俸720万円で契約を結んでいます。

背番号は46で、大きな番号なのですが、これには横浜の投手三浦大輔がかつて付けていたのと、工藤公康よりも一つ小さい番号ということがあるようです。

プロでの田中 健二朗の2008年の成績はまだ一軍での登板機会がありません。
高校生でしたからじっくり育てるという横浜ベイスターズの方針もあるのでしょう。
ファームで成績をきちんとあげて実績を積んでからということでしょう。
スポンサーサイト

篠田 純平 広島東洋カープ

篠田 純平(しのだ じゅんぺい)広島東洋カープの投手です。
背番号は14番です。

プロフィールは生年月日が1985年4月20日です。
身長は186cm 体重が72kgで左投げ左打ちですのでサウスポーですね。
出身地は神奈川県横浜市という都会で育ってきたんです。

出身校は、群馬県立前橋商業高等学校 (前橋商業)ですから甲子園で名前をよく聞く名門校で最初は最初は野手として一塁を守り4番打者でした。途中で投手へ転向しています。
投げて打ってですから、かなりもてたでしょうね。
彼女とかはいたのでしょうか。


↑広島カープのこんなものあるんですね。

ただ甲子園への出場はありませんでした。
地区大会の決勝までは行きましたが、桐生第一(桐生第一高等学校)に敗れています。

ただこのときの活躍は、大学の指導者の目にとまり、日本大学へ進学しています。
大学野球では挫折も味わっています。
2006年秋の東都大学1部リーグで日大はリーグ最下位になりました。
1部と2部の入替えを行う対戦で、専大にたいして篠田 純平は2試合続けて先発するも第二戦で敗戦投手になりました。その結果日大も連敗し2部降格していしまいました。

篠田順平はエースとしてのこの責任を大きく感じて練習に打ち込みました。
これがきっとプロへに道を開くことになったのだと思います。
2007年の東都大学2部リーグでチームを優勝へ導きました。

あまり華々しい舞台での活躍がなかったので、篠田順平の写真や画像とか映像は少なめですね。

この活躍が今度はプロの目にとまり、2007年ドラフトで外れ1位としては珍しい3球団競合(オリックス、巨人、広島)しまして、結局 広島東洋カープが交渉権を獲得しました。
契約金1億円、年俸1500万円で契約して晴れてプロへ。
ただ背番号14は広島出は特別なものです。
病に倒れた津田恒実さんが付けていた番号なのです。
いかに期待が大きいかが見てとれます。

篠田順平の球種(持ち球)は140キロ台後半のストレートが武器。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなどを投げることができます。

初勝利は2008年5月11日、対東京ヤクルトスワローズ5回戦で挙げていますが、先発でローテーションを守るというような状態ではありません。

篠田順平の動画もyoutubeなどでも探しましたがあまりいいものはなかったです。

平野将光 埼玉西武ライオンズ

平野 将光(ひらの まさみつ)は、埼玉西武ライオンズの投手です。
背番号は19番。

平野のプロフィールを紹介します。
出身地は埼玉県川口市 で、生年月日は 1983年6月28日生まれです。
身長186cm 体重78kg 右投げ右打ち。
出身校は浦和実業学園高等学校 を卒業、平成国際大学へ入学しましたが、ここまでで特に目立った活躍は見られませんでした。
社会人のJR東日本東北でついに頭角を現します。
エースとして活躍しプロの目にとまりました。

平野 将光の持ち球(はストレート、変化球が スライダーとフォークが主なものです。
特に武器で平野自身(球種)が自信を持っているのは、最高速147kmを誇る伸びのあるストレートです。


↑平野 将光の画像。クリックすると拡大します。
やっぱり、ユニフォーム姿はカッコイです。

2007年の大学生社会人ドラフトで埼玉西武ライオンズが1位指名して、交渉権を獲得。
楽天の指名もあるとの話がありましたが、それはありませんでした。
東北で地元選手を取るという方針には合いますので。。
契約金が8000万円、年俸1300万で最終的に合意しました。
平野 将光にとっても地元ですから、なじみがあるチームで素直に契約できたみたいですね。

平野 将光のプロとしてのスタートの年の成績は、一軍での登板はしているもののいま一つと言えるでしょう。
2008年7月23日の楽天戦でプロ入り初先発し、プロ初勝利を挙げました。
しかし、11試合に登板して1勝2敗で、防御率が8.28とかなり打ち込まれていることがわかります。

平野 将光は甘いマスクの持ち主ですから、どんどん女性のファンもできてくるでしょう。
高校・大学・社会人というキャリアでしたから彼女もいたこともあるでしょうね。
平野 将光の画像や映像とか写真は、アマチュア時代は無名とまでは言いませんが、全国に知られる活躍は社会人のときだけなのでもうちょっと活躍しないと、増えてこないかもしれません。

由規 東京ヤクルトスワローズ

佐藤 由規(さとう よしのり) 登録名は 由規(よしのり)です。
東京ヤクルトスワローズの投手。
背番号は11番です。

佐藤 由規のプロフィールです。
生年月日は1989年12月5日生まれです。
出身地は宮城県仙台市で身長179cm 体重 76kg となっています。

出身校は仙台育英高校です。
甲子園へは2年の夏から、3年の春夏と3回出場しています。
何といっても話題は、ストレートの球速です。
日米親善試合ですが157kmの高校生としての最速記録を作っています。
注目も集めたので、高校の時の画像や映像とか写真はたくさんありますね。


↑佐藤 由規の画像です。クリックすると拡大します。

佐藤 由規の球種(持ち球)は、一番の武器である直球、と変化球はスライダー、カット・ファスト・ボール、フォークボール、カーブ、チェンジアップとかなり多彩な球を持っています。
ストレートの速さばかりに話題が行っていましたが、スライダーの評価も高いものでした。

2007年の高校生ドラフトで楽天・ヤクルト・横浜・中日・巨人の5球団が1位指名しましたが、交渉権を獲得したのはヤクルトでした。

佐藤 由規の契約金は、契約金1億円+出来高5000万円 年棒が1500万円と完全に大学生社会人の扱いで即戦力としても期待されていました。

このときの記者会見では、由規が涙もろいことが発覚。
親の顔が目に入って号泣しました。
そのことから、泣き虫王子 とか 号泣(剛球)王子 なんて称号も付きました。


↑高校の時の由規のエピソードが載った本も出版されています。


2008年シーズンは、ルーキーシーズンですが、キャンプで左足を怪我して出遅れました。
一軍での記念すべき勝利は2度目の先発の巨人戦。
先発で6回を投げ、2安打3失点8奪三振の力投でした。

佐藤 由規の家族は野球一家で弟も仙台育英に入っておりもしかしたら兄弟でプロ野球選手ということもあり得るかもしれません。

平野 恵一 阪神タイガース

平野 恵一(ひらの けいいち)は、阪神タイガースの内野手。
背番号は5番です。
もともとはオリックの選手でしたが、トレードで阪神へやってきました。
本来、内野手で二塁(セカンド)と遊撃(ショート)を守りますが、外野も守ることができます。

プロフィールは、神奈川県川崎市多摩区の出身です。
身長169cm 体重 65㎏ とかなり小柄な部類に入りますね。
生年月日は1979年4月7日です。

出身校は高校が桐蔭学園高等学校で、 3年時に主将として第79回全国高等学校野球選手権大会に出場しました。
この時から平野 恵一の守備に関しては定評が高かったです。


↑この中にすでに平野選手入っています。クリックすると拡大できます。

東海大学へ進学してショートとしての実力を磨き4年時に全日本大学野球選手権で優勝をしました。
2001年のプロ野球ドラフト会議で即戦力の野手としてきたされ自由枠でオリックス・ブルーウェーブに入団しました。
契約金1億円+出来高5000万円 年棒1300万円で契約しました。
自由枠としてのしっかりした評価ですね。

プロ入りは即戦力としての期待が高かったですが、プロの世界はそんなに簡単ではありませんでした。
2004年の2年目より、一軍での出番が増え、2005年よりレギュラーとして出場するようになりました。
守備はもともと得意でファインプレーも多く、バッティングも向上しました。


2006年シーズンは、2塁手として出場した試合中に、ファールフライを追ってフェンスに激突しました。
その代償は大きく、選手生命をも左右しかねない怪我(ケガ)でした。
平野 恵一は登録抹消され、その年は完全に棒に振りました。

2007年は外野手としてシーズンをスタートしましたが、成績不振。
そのオフに、オリックス平野 恵一、阿部健太と阪神タイガース 浜中治、吉野誠との2対2の交換トレードが成立して阪神へ移籍しました。

阪神でも当初は外野手でしたが、2塁手として開幕から出場、シーズン途中で走塁で右ふくらはぎ痛め登録抹消されチームから離脱しました。
肉離れかとも思われましたが、回復は早く守備での貢献は相当大きいです。

ところで平野はすでに結婚しており、子供も一人います。
セリーグでの活躍でメディアの露出も上がり、画像や映像や写真などネットなどでもたくさん見かけるようになりました。

フジテレビアナウンサー 中村 仁美(なかむら ひとみ)さんは平野 恵一と高校時代の同級生です。

松坂 大輔 ボストン・レッドソックス(大リーグ)

松坂 大輔はアメリカの大リーグ ボストン・レッドソックスの投手。
背番号は18番

プロフィールを紹介していきます。
生年月日は 1980年9月13日生まれです。
出身地は 東京都江東区です。
身長182cm 体重 85kg

奥さんは元日本テレビアナウンサーの柴田倫世さんと結婚しています。
交際中に球団の車で無免許で駐車違反で捕まりました。
もみ消すために、球団職員の黒岩部長が出頭するという不祥事を起こしています。
二人の間には二人の子供 長男長女がいます。


↑松坂使用グローブ(クリックすると拡大してみることができます)
NIKE 硬式グラブ投手用(松坂モデル)ナイキ ダイアモンドエリート
シグネチャーモデル 【BF1223】

松坂 大輔の出身校は横浜高校。
高校時代はまさに伝説的な活躍です。
1998年の春夏連覇では春の第70回選抜高等学校野球大会と夏の第80回全国高等学校野球選手権大会と制しています。
その中には決勝の京都成章戦ノーヒットノーランが含まれています。
150kmを超えるストレートをベースに、スライダー、カーブ、チェンジアップは既にプロレベルでした。
平成の怪物 と呼ばれました。
このころの画像や写真は数多いですね。

1998年ドラフト会議で西武、横浜、日本ハムの3球団が競合で、抽選の結果 西武ライオンズが交渉権を獲得しました。
契約金1億、年俸1300万で契約。
社会人並みの条件ですが、その評価に間違いないことを証明することになります。

松坂 大輔のプロ初登板は1999年4月7日の対日本ハム戦ですが、初登板初勝利を達成。
イチローとの対決は、3打席連続三振。
大活躍の末16勝を挙げて最多勝を獲得。
高卒新人としては史上初となるベストナイン、ゴールデングラブ賞も受賞です。
まさに初物尽くしです。。
日本でのタイトルは、最多勝が3回、最多奪三振4回、最優秀防御率2回、沢村賞1回とまさに日本のエースという活躍です。
実際オリンピック日本代表、WBCでのエースとして優勝に貢献しています。


↑松坂画像 クリックすると拡大像が見られます。

2006年のシーズンオフにはポスティングシステムで、ボストンレッドソックスへ。
ポスティンの入札額が5200万ドルで60億円と言われています。
契約金は6年契約で総額5200万ドル(約61億円)と、トータル100億円を超えています。

2007年シーズン
メジャーでも初登板初勝利を挙げました。(ロイヤルズ戦)
15勝12敗と負け数も多く期待された活躍とは言えないですね。

2008年シーズンは
自分の背番号を超える勝利数を挙げました。
松坂大輔の進化が見てとれます。

そいうえばかつて、松坂投手は高校時代 人気タレント上地雄輔(かみじゆうすけ)さんとバッテリーを組んでいたこともあるみたいですね。

辻内 崇伸 巨人(読売ジャイアンツ)

辻内 崇伸(つじうち たかのぶ) 読売ジャイアンツ(巨人)の投手。
左投げ左打ち。
年棒は2008年で700万円です。
背番号は15

プロフィール
出身地は奈良県磯城郡川西町です。
生年月日が1987年12月5日
身長184cm 体重88kgとなっています。
球種としてはストレート 変化球はスライダー、チェンジアップなどが主なものです。


↑ジャイアンツの年鑑などで辻内の画像を見ることができます。
クリックすると拡大しますよ。

出身校は大阪桐蔭高校です。
高校では2年生からエースとして活躍しました。
その甲子園では準決勝の4強まで残り活躍したのですが
二回戦の藤代戦では大会タイ記録となる19奪三振をとっています。
それよりも何よりも注目されたのは、その速球左腕から150kmを超える速球を投げ込みます。甲子園での掲示板には152kmと表示されました。
すごい注目ぶりで、雑誌などにもたくさん出たので写真や画像とか動画がたくさんありますね。
女性ファンもすごかったです、ファンレターもとんでもない数が届いたそうです。
彼女がいるのか、いなかったのかもきっとみんな注目していたでしょうね。

当然この年2005年ドラフトの目玉選手になりました。
オリックス・バファローズと読売ジャイアンツの2球団から一位指名を受けて、ジャイアンツ(巨人)が抽選で交渉権を獲得。
指名が2球団となったのは他にも注目の選手がいたためで、同じ高校の平田も中日から1位指名されています。
契約金は1億円で年棒は900万円で合意しました。

ここでも話題となることがありました。
指名記者会見を2回行ったのです。
オリックスが外れくじを勘違いして、指名権を最初オリックスが獲得したと報じられたためです。

プロに入ってからは、怪我もあり1軍登板はまだありません。
2年目の2007年には左肘靭帯(じんたい)を損傷し手術を受けで番は無でした。

プロでの勝負は2008年シーズンからという感じになりそうです。

平田良介 中日ドラゴンズ

平田 良介(ひらた りょうすけ)中日ドラゴンズの外野手。
背番号は8番。

平田 良介のプロフィールは生年月日が1988年3月23日で出身地は大阪府大阪市城東区です。
身長176cm 体重84kg で、右投右打 です。

出身校は大阪桐蔭高等学校(大阪桐蔭高校)です。
1年生の秋から4番を任されるというのはすごいことですね。
甲子園では巨人に高校生ドラフト1位指名された辻内崇伸 投手と共に闘いました。
高校通算 本塁打数は70本と強打者ぶりを発揮。
特に2005年の夏の甲子園大会での一試合3ホームランとPLの清原以来の快挙を達成しています。準々決勝・東北(宮城)戦でのこと。


↑クリックすると平田選手の画像を拡大できます。

2005年の高校生ドラフトで中日ドラゴンズが1位指名、甲子園の後のアジアAAA選手権における韓国戦で右肩を亜脱臼したという怪我が1球団の指名になった要因かもしれません。
契約金1億円、年俸840万円で契約しています。

平田 良介の中日でプロとして成績はまだ、大したものは残せていません。
1年目の2006年シーズンは、肩の様子を見ながらということでシーズン終盤に一軍へ上がりました。プロ初打席を経験しています。

2007年も僅かな一軍での出場機会はありましたが、中日ドラゴンズの平田を印象付けたのはクライマックスシリーズから日本シリーズでした。
ダルビッシュからの犠牲フライは日本シリーズの行方を決める大事な一打でした。

あと好物は”焼きそば”と、ドラフト当時は言っていました。
趣味の読書は、マンガのことです。
契約更改で年俸 900万円(2008年現在)
プロ入りしてから、まだ彼女の話は出てこないですね。

プロの一流打者とはまだまだ差があります。
これからもう一段と鍛えていかないといけませんね。

田中 将大 東北楽天ゴールデンイーグルス

田中 将大(たなか まさひろ)は、東北楽天ゴールデンイーグルスの投手です。
背番号は18。
愛称は マー君。
マーくんと書くと、千葉ロッテマーリンズのマスコットになってしまうので要注意。 

田中 将大 本人が書く”気持ち”という公式ブログがあります。
ファンにはマー君のちょっとした一面が見えるので、面白いでしょうね。
好物は オムライス 

田中 将大が使っているグローブはメーカーはミズノです。
ミズノプロ 田中将大 マー君モデル 2GW18811(47)で価格 48,000円します。
さすがに高いですね。お遊びとして買うことは難しいです。


↑田中 将大 画像 クリックすると拡大します。

田中 将大の球種は150kmを超えるストレートと、変化球がスライダー、フォークが多いですが、カーブ、横変化のスライダー、ツーシーム・ファストボール(シュート)も投げられるとのことでかなり起用ですね。

プロフィールを紹介します。
生年月日は1988年11月1日生まれ。
身長 186cm
体重  90kg  になります。

出身地は兵庫県伊丹市です。

小学校は昆陽里小学校で野球は昆陽里タイガース 中学校は伊丹市立松崎中学校で、野球はボーイズリーグの「宝塚ボーイズ」でした。
出身校ということいなると、駒澤大学附属苫小牧高等学校(駒大苫小牧)ですね。
甲子園での活躍は言うまでもないですが、やはり決勝戦 早稲田実業の斎藤佑樹(ハンカチ王子)との死闘は記憶に残ります。
15回までいくも決着つかず再試合となり結局3-4で駒大苫小牧で敗れました。

甲子園での田中 将大の動画や画像とか写真はたくさんありますね。

2006年のドラフトで田中 将大は目玉でした。
日本ハム、オリックス、横浜、楽天の4球団から1巡目指名を受けて、楽天が抽選で交渉権を獲得して、契約金1億円+出来高5千万円 年棒1500万円という、社会人の1位指名と同じ待遇というすごさです。

2007年のルーキーシーズンは、ドラフトでの評価が正しかったことを裏付けるものとなりました。
11勝7敗で新人王を獲得、奪三振数196となりました。
レッドソックスの松坂大介以来の快挙です。
ただ、田中 将大が投げると打たれていても、なぜか負けがつかない強運ぶりを発揮していました。最強エースと言えるかもしれません。

野村監督(ノムさん)曰く、”マー君、神の子、不思議な子”だそうです。

契約更改で年棒は推定で6000万円になりました。
もっともリッチな10代かも知れません。
2008年シーズンは2年目のジンクスがありましたが、本人は気にしないように振る舞っていました。
オリンピック代表(五輪)にも選らばれ、メダル獲得は逃しましたが田中 将大にとって貴重な体験になったことは間違いないでしょう。

勝ち星は2桁に届くうかどうかですが、投球内容からすれば実力が上がっているのは間違いないところでしょう。

CMでもオロナミンCに上戸彩と共演、彼女にピッタリかもと思わせる面白いCMでした。
他にも出ていますね。
富士通「FMV」では木村拓哉、野村克也監督と共演しています。


↑田中将大 ヒーローのすべてという本も出ているし。

ともかくすごい選手になってきました。

唐川 侑己 千葉ロッテマリーンズ

唐川 侑己(からかわ ゆうき)は投手で千葉ロッテマリーンズに所属しています。
背番号は19番です。

2007年の高校生ドラフトではBIG3と呼ばれたうちの1人です。
当然ドラフトでは、一位指名が2球団(千葉ロッテマーリーンズ、広島東洋カープ)からうけ、抽選でロッテが交渉権を獲得しました。
契約金9000万円・年俸1000万円で契約を結んでいます。


↑唐川ゆうき 画像。クリックすると拡大します。 

唐川は中学3年時のときから頭角を現し始めて、Kボール成田市選抜のエースとして全国大会において準優勝しています。。

出身校となるのが成田高等学校(成田高校)で、1年の秋から既にエースナンバーである背番号1をつけていました。
甲子園にも出ていますが、春の選抜には2回出ていますが、夏の甲子園には縁がなかったです。

唐川侑己といえば からあげ(から揚げ)です。
”唐揚が好き”なのと唐川の唐が唐揚の字の一部にもあることから、食品メーカーから引き合いもありました。「唐あげ君」という愛称まで付けられましたが本人はあまり気に入らなかったようです。

唐川の球種(持ち球)はストレートと変化球が、カーブ、スライダー、チェンジアップをもっています。

高校生BIG3の中では、唐川侑己が最も活躍しています。

まず3人のなかでは最初に一軍登録されて、4月26日に初先発。
ソフトバンク戦(ヤフードーム)でした。
先発で7回を投げ被安打3、1四球5三振無失点で見事勝利投手となりました。
平成生まれのプロ野球選手の勝利投手第1号という記録でもありました。

唐川の画像や写真は、その甘いマスクもあってこれからたくさん出てくるでしょうね。
動画などもyoutubeを探すと出てきますね。

ルーキーシーズンとしては5勝4敗、高校生を卒業したばかりということを考えれば十分な活躍ぶりといえるでしょう。

長谷部 康平 東北楽天ゴールデンイーグルス

長谷部 康平(はせべ こうへい) 選手は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する左投げ左打ちの投手です。
背番号は20番。

簡単にプロフィールからいきます。
生年月日1985年5月21日 
身長173cm 体重70kg とプロ野球選手としてはかなり小柄な投手ですね。
岐阜県関市の出身になります。


↑長谷部康平の画像。クリックすると拡大します。

出身校は杜若高校(とじゃく)で、中日ドラゴンへ入団した山内壮馬とエース争いをしていました。甲子園への出場はなりませんでした。
愛知工業大学(愛工大 愛知工大と略される)へ入学し 3年生ごろからエースとなりました。

北京五輪プレ大会に選ばれ優勝におおきな貢献をしました。
北京五輪アジア予選には唯一のアマチュアとして選ばれました。
このころから俄然、長谷部 康平という名前が全国区になり、メディアでも取り上げられて映像や写真が出るようになりました。
プロとして通用する即戦力投手としても認識されましたね。

2007年の大学・社会人ドラフトにおいて中日・広島・ロッテ・西武・楽天の5球団から1位指名され、くじの結果 東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉権を獲得しました。

長谷部 康平の球種としては、直球とスライダー、チェンジアップの組み合わせが基本です。
直球は150kmを越えます。

2008年オープン戦は、好調でしたが、左ひざ半月板をいため開幕一軍入りはならなかったです。
8月19日、対オリックス・バファローズ戦でようやく初勝利を挙げるも、期待されたような活躍は出来ていないですね。

2008年シーズン は 1勝4敗 防御率9.93となり、散々な結果といえるでしょう。
プロの壁は厚いことがわかったでしょうから、長谷部 康平が今後どのように伸びてくるか

中田 翔 北海道日本ハムファイターズ

中田 翔(なかた しょう) 背番号6番
2007年の高校生ドラフト会議の目玉選手で、4球団(日本ハム、阪神、オリックス、ソフトバンク)から1位指名を受け、くじ引きの結果、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しました。

中学時代は広島鯉城シニアに所属して、この時すでに51本(通算)のホームランを打ち、ピッチャーとしての球速も141kmを記録していたのだそうです。

出身校は大阪桐蔭高校です。
高校での実績から 平成の怪物 とも言われていました。
4番でエースというまさに高校生離れしたパワーの持ち主でした。
高校通算87本塁打(ホームラン)、投げては151kmの球速を記録しています。

プロフィールを紹介すると。
生年月日1989年4月22日
身長182cm 体重95kg です。
出身地は広島県
北海道日本ハムファイターズに1位指名され、契約金1億円+出来高5000万円
年棒は1500万円。
完全に大学生・社会人レベルの契約です。
期待の大きさがうかがえます。


↑中田の場ティンフォームの画像。クリックすると拡大できます

中田 翔(なかた しょう、1989年4月22日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(内野手)。

中田翔の父親は全くテレビに出てこないので、いろいろな噂が飛び交っています。
やくざ だからテレビに出れないとか・・・・
挙句の果てには、中田翔が中学時代は悪さをする不良だったとか。
きっと中田翔の彼女なんて話も作られそうですね。
かなり根拠がなさそうです。

キャンプインから一軍の中で練習をしていて、ときよりバッティングは期待にたがわぬ非凡なものを見せますが、オープン戦ではさっぱり打つことができず2軍でのスタートになりました。

2軍においてもホームランは出たりもしますが中田翔の実力を発揮して十分な成績を残しているとは言えません。自分なら開幕から一軍で我慢して使って育てるなんて言っていた野球解説者たちも全く何も言わなくなりましたね。

中田の写真や画像や動画は高校生のときのものが多いようです。
探せばたくさん出てきます。
プロでは活躍できていないから当然ですね。

大場翔太 福岡ソフトバンクホークス

大場 翔太(おおば しょうた)は、2007年のドラフト会議で目玉選手でした。
大場 翔太は6球団(オリックス、横浜、ソフトバンク、阪神、日本ハム、巨人)より社会人・大学生ドラフト 1位指名を受けました。
抽選により福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得しました。
背番号は17をつけています。

契約金は1億円+出来高5000万円であり、年俸1500万円と最高の条件で契約しています。


↑クリックすると拡大します。(これにはすでに出ています。)

大場 翔太の出身は東京都足立区になり、出身校は高校が八千代松陰高校で、大学が東洋大学になります。
高校時代は大した活躍はありませんでしたが、大学へ入ってから実力を発揮して1年の秋から登板しています。

3年生の時は少し調子が悪かたものの、4年生になって大ブレイク
しました。

2007年春リーグは9勝をすべて完投で上げ、リーグ新記録の115奪三振を樹立。
秋リーグでも8勝を挙げました。当然、東洋大学は東都リーグ戦 春秋連覇 に貢献。

全日本大学野球選手権大会のベスト8、そして明治神宮野球大会では2完封を含む三連続完投勝利で初優勝にそれぞれ貢献した。

とにかく凄いのが連騰をしても全く平気なその剛腕、平成の鉄腕と呼ばれていました。
ドラフトの目玉として注目を集めましたから、画像やyoutubeの動画などネットにたくさん出ていますね。
写真も週刊誌に出たりしますし。
大場 翔太に彼女がいたのであれば、相当気を使わないと写真撮られちゃったでしょうね。
ソフトバンクから指名を受けてサインも相当書いたはずです。

大場 翔太のプロフィールは、生年月日は1985年6月27日で身長182cm、体重 77kgなのでプロの選手としては標準的なところですね。

大場の球種は基本的には150キロを超えるストレートと切れ味鋭いスライダー。
持ち球としてはほかにフォークとカーブの変化球を投げることができます。
ほとんどオーソドックスな本格派投手ですね。

プロ一年目においても実力の片りんを見せています。
2008年3月23日の楽天戦で初登板、初先発、初完封(初完投)しかも無四球で飾っています。
1試合16奪三振の球団記録をうち建てたりしています。
4月5日対千葉ロッテ戦でプロ野球史上3人目となる全員奪三振。
最初はすごかった。。。
しかし、12試合に登板し、3勝5敗とプロの壁に当たっている状態です。

藤村大介 巨人(読売ジャイアンツ)

藤村大介(ふじむらだいすけ)は、将来の巨人を背負って立つと期待される逸材。
2007年の高校生ドラフト 読売ジャイアンツの一位指名です。
内野手で遊撃手(ショート)を守ります。
背番号は54です。

契約金7500万円、年俸600万円です。
もちろん高校生としては、最高の評価でしょう。

俊足好打で、甲子園での活躍がプロ入りのきっかけになっています。

出身校は熊本県立熊本工業高等学校です。
プロ野球選手を一体何人輩出しているのでしょうか。


↑クリックすると拡大できます藤村大介の画像

身長:173cm
体重:65kg
血液型:AB型

藤村大介は熊本工高(熊本工業)では2年生の夏からレギュラーに定着しました。
甲子園へは、2005年夏、2006年夏、2007年春出場を果たしています。
2007年はベスト4まで勝ち進んでいます。

まだ高校を出たばかりなので、かなり可愛い感じの顔をしています。
相当女性のファンも増えるのではないでしょうか。
藤村大介の画像はこれから増えてくるでしょうね。
イケ面なので写真集もそのうち出るかもしれません。

右投げ左打ちで、セールスポイントはやはりその足。
ベース1周13秒7、一塁到達3秒8、
100メートル11秒10、50メートル5秒8
陸上短距離選手顔負けですね。

ジャイアンツの1番打者となることが期待されています。
原監督は高橋由伸を1番に据えたりしていますが、理想ではないようで、藤村大介のようなタイプの選手が育ってくるのを待っているようです。

藤村大介は高校を出たばかりですから、一軍で試合に出てくるまでには少し時間がかかるかもしれません。2軍で外野手もこなしながら奮闘中です。

目標はソフトバンクの川崎宗則です。
確かに似たタイプですね。

岩瀬 仁紀 中日ドラゴンズ

岩瀬 仁紀(いわせ ひとき)は中日の絶対的守護神です。
最後に出てきて試合を勝利へ導くクローザー(抑え投手)という役割を担う
投手です。守護神なんて言い方もしますね。
左投げ左打ちです。
背番号は13番をつけています。


↑クリックすると拡大してみることができます。

岩瀬の実績に関しては言うまでもないですが、2008年のオリンピック。
星野監督率いる全日本チームのメンバーとして北京オリンピック出場を果たしています。
金以外はいらない と宣言して・・・
とくに調子が悪かったのが岩瀬でした、岩瀬の成績は考えられないもので、登板しては打たれる状態で負け投手になることがいくつもありましたね。
戦犯とまで呼ばれるほど悪かったですね。
画像や映像はその関係のものが多いかも、あと写真もかな。

岩瀬の出身は愛知県の西尾市です。
まっ茶生産量日本一なのです
出身校は高校が愛知県立西尾東高等学校でノーヒットノーランをするなど少し目立つ活躍もあったみたいですが愛知大学へ進学しました。
大学時代においては岩瀬 仁紀は投手と外野手をしていました。
実はバッティングもすごくて通産124安打と、愛知大学リーグの記録です。
岩瀬はバッティングもいいんでですね。
NTT東海を経て1998年 ドラフト2位で中日ドラゴンズに指名されました。

1999年入団一年目からフル回転。
このときは中継ぎ投手(セットアッパー)として、クローザーへバトンタッチする役割を見事にこなしました。
それ以降、登板試合数は9年連続して50試合を超える鉄人(鉄腕)ぶりです。
そのいずれもが立派と言える数字を残してきているので、この安定感は怪物としか言いようがありません。

2004年落合監督になってから最後に登板するクロザーに指名されました。
2005年には46セーブを挙げ、横浜ベイスターズ・佐々木主浩のシーズン最多セーブ記録を更新して新たな日本記録を樹立しました。
さらには次の年も40セーブを超えて2年連続も日本球界初めての記録です。

岩瀬 仁紀の年棒も実績を積むに従って上がっていき、日本人投手としては球界で最高レベルの4億3千万円となっています。
岩瀬はこれだけの年棒を貰って独身です。結婚してもいい年齢なのですがまだですね。
あまりプライベートの話は聞こえてこないです。

同じチームの投手 川上憲伸と大の仲良し。

ピッチングは持ち球が基本的にストレートとスライダー。
特にスライダーのキレは素晴らしく、一番の武器です。

9年にわたる疲労の蓄積なのか、球速は落ちてきておりかつての球の勢いで勝負するのではなくコントロールで勝負するスタイルに変わりつつあります。
バッター打ち取りセーブをする場面で苦労している姿が見られます。

山崎 武司 東北楽天ゴールデンイーグルス

山崎 武司 (やまさき たけし)やまざき ではないです。
漢字も山の方が正しらしいです。
東北楽天ゴールデンイーグルスで内野手で活躍する大ベテラン。
(一塁手(ファースト)または指名打者)
背番号は7.


↑楽天 山のカードです。


中日ドラゴンズと楽天イーグルスで2度花を咲かせた非常珍しいパターンですね。
野村再生工場(野村監督がベテランを使うのがうまいので、このように言われますね)で見事復活したといってよいでしょう。
プロ野球選手として、一度目と二度目の活躍の期間がこれほど空いた選手はいないのではないでしょうか。

最初の活躍は、中日ドラゴンズ時代1996年の本塁打王(ホームランキング)を取ったころ。
そこをピークとして、尻すぼみ状態になりました。
2003年には平井投手との交換トレードでオリックスへ移籍しました。
移籍後も大きな活躍はできませんでした。
引退を考えるしかないような状況になった時に、日本プロ野球で50年ぶりとなる新球団 東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することになりました。
これが非常にいい転機になりましたね。


↑楽天は商売がさすがうまいです。クリックして見てみては。

2005年のことです。
この年にはプロ入り19年をかけて1000本安打を達成する超スロー達成も成し遂げ、楽天は創設一年目で断トツ最下位でしたが4番としての役割を果たしました。

2006年から野村体制に移り、通算ホームラン250本を達成。
驚くべきは2007年ホームラン43本 108打点の2冠王を獲得。
打点王は自身初の獲得、本塁打王は11年ぶりとなるものです。
21年目の40本塁打100打点は、共にプロ野球初となる記録のおまけつき。

山崎 武司は野村監督ととてもウマが合うみたいなんですね。
若手と監督の間に立つ役割もあります。


ずっと遡って山崎 武司の中学校は知多市立八幡中学校で、山崎は相撲で優勝もしていました。
高校が出身校になります愛知工業大学名電高等学校(愛高大名電)通算56本塁打を打つ活躍をしましたが、甲子園出場経験はありません。

山崎 武司はこの高校の時の活躍が目にとまり1986年のドラフトで中日ドラゴンズから2位指名を受ます。
このときは、捕手として入団しています。
ちなみに捕手を諦めるきっかけは、広島戦で正田に5連続盗塁を許したことだそうです。

趣味はミニカー収集が有名 3000台を持っているとのことです。
ミニカー雑誌の取材などを受けるほど。

ラジコンは中日ドラゴンズの山本昌と競技会を開催するほど。

車はランボルギーニムルシェラゴ、フェラーリ512Mを所有。
山崎 武司はフェラーリ512Mをネットオークションに出品して話題を呼んで落札されたが、落札相手が見つからず結局そのまま所有しているようです。

要するに車関係全般が趣味のようですね。

ビジュアル的には、微妙なところなので山崎 武司の画像や写真はそんなに多くなさそうです。映像もですね。

楽天ゴールデンイーグルスで現役生活は幕を閉じるつもりでしょうから、どこまでプロ野球選手としての記録を伸ばしていくのでしょうか。

清原 和博 オリックス・バファローズ

清原 和博(きよはら かずひろ)
日本でもっとも有名なプロ野球選手と言っていいでしょう。
西武→巨人→オリックスと渡り歩き、2008年シーズンを最後に引退することを実質的に表明しています。
内野手です。
背番号は西武時代は3番 それ以降は5番をつけています。


↑清原の切手が出ています。画像クリックしてみてください。

大阪府岸和田市の出身です。
中学時代は岸和田シニアリーグで活躍。
清原 和博の出身校はPL学園です。
高校時代の活躍は伝説になっていて、先に引退した桑田真澄と清原 和博のKKコンビは一世を風靡しました。

清原は桑田と共に1年生からレギュラーを獲得、清原は4番に座りました。
桑田とともに甲子園に5季連続出場で、1年生の夏に優勝、2年生の春・夏は共に準優勝、3年生の春はベスト4、3年生の夏は2度目の優勝というとんでもない実績を残しました。

運命のドラフト、桑田は早稲田大学への進学を希望し、清原はあこがれの巨人を熱望していました。
巨人は桑田を強行指名、清原は南海、日本ハム、中日、近鉄、西武、阪神の6球団から1位指名を受けて西武が交渉権を獲得しました。
清原 和博が記者会見で涙したのも印象的です。

西武ライオンズでの活躍は素晴らしかったのですが打撃タイトルには恵まれず無冠の帝王といわれました。
秋山幸二とのコンビは「AK砲」
その後デストラーデが加わり「AKD砲」ともいわれました。

FA権を獲得して、念願のジャイアンツに移籍を果たします。
KKコンビの復活を果たすということにもなります。
このころから怪我との戦いが始まりました。
好不調の波が激しく、満足に戦ったシーズンも少なかったですね。
でもその存在感から”番長”と呼ばれるようになり、「ワイ」という言葉がメディアを飛び交うようになります。

写真週刊誌にも追いかけられ、画像や写真とかかなり出ていましたね。
セリーグですから映像としてもでる率はぐっと上がりました。

オリックス・バファローズへの移籍はオリックス・バファローズのシニアアドバイザーのる(故)仰木彬さんが「大阪に帰って来い。お前の最後の花道は俺が作ってやる」との口説き文句で決断しました。
清原 和博にとって最大の恩人となりました。

これだけの打者でありながら、タイトル結局無縁で終わりそうです。
ただ積み上げた記録は素晴らしく強打者らしいものです。

2000本安打、500本塁打、1500打点を達成しています。
この記録を達成したのは清原 和博含めてたったの6人。
王貞治、野村克也、門田博光、張本勲、落合博満です。

野球でここまでやれたのですから、きっと悔いはないでしょうね。

小久保 裕紀  福岡ソフトバンクホークス

小久保 裕紀(こくぼ ひろき) 福岡ソフトバンクホークスの内野手です。
背番号は9番をつけています。

小久保選手の特徴といえばやはりその打撃です。
そんなことよりも、思いだされるのは巨人への電撃移籍。
2003年に福岡ダイエーホークス時代のときに、身売りとかパリーグの球団が一チーム減るのではと騒がれていた時期でした。
なんと怪我をしていたとはいえ、ホークスの4番バッターが無償トレードで移籍という前代未聞の事件と言っていいでしょう。


↑小久保DVDです。クリック

これは、ダイエー 中内 巨人 ナベツネのオーナー間で密約があったのではと憶測されていますが真相は闇の中です。

巨人でFA権を取得して契約が切れて、2007年シーズン福岡ダイエーホークスへ戻ったことからもなんとなく見て取れるのですが・・

ホークスも小久保の背番号9をずっと空けて待っていたことからもさらにその思いは強くなりますね。

それはさておき、

小久保 裕紀の生年月日は1971年10月8日です。
出身地は和歌山県和歌山市 です。
出身校は、高校は和歌山県立星林高等学校ですが、全国で注目されるような活躍はありませんでした。
青山学院大学(青学)へ進み六大学野球で活躍して注目を集め、1992年はバルセロナオリンピック野球日本代表として銅メダル獲得しています。

小久保 裕紀のプロ入りは、1993年のドラフト2位指名でした。逆指名で福岡ダイエーホークスを選びました。

内野手で順調に実力をつけて1995年にはレギュラーを獲得。
2塁手(セカンド)を守りました。このときはゴールデングラブ賞を獲得しています。

その後プロ野球選手としては順調に実績を積んできたのですが、大きなつまずきを見せたのが1997のオフシーズンでのプロ野球界を震撼させた脱税事件。
ここでは有罪になり、試合への出場も停止の処分を受けています。

肩や足のけがもあり3塁(サード)や1塁(ファースト)を守るようになってきます。

ホークスの目玉となっていったのは、小久保 裕紀とチ-ムメイトの松中信彦のアベック弾、この時の勝率は。MK砲といわれ、9割近い勝率となります。

2003年はオープン戦で大けがをし手シーズンを棒に振りジャイアンツへ移籍。
右ひざの故障で前十字じん断裂、内側じん帯損傷・外側半月板損傷、けい骨・大たい骨挫傷という非常におきな怪我でした。

ジャイアンツで怪我から復帰して、4番を務めたり、巨人軍第17代目の主将を務めたりして活躍をしています。
やはりセリーグだとメディアへの露出も多くなり画像や映像、写真、壁紙とか多いはずですね。
2004年には、巨人の右打者としては史上初のシーズン40本塁打を達成しています。

2007年に晴れてホークス復帰。今度は松中信彦、と横浜から移籍してきた多村仁と共にクリーンアップを組みTMK砲といわれています。

小久保 裕紀は人格者でリーダシップがあるのでみんなに慕われる選手なんですね。

渡辺 俊介 千葉ロッテマーリーンズ

渡辺 俊介(わたなべしゅんすけ)は世界で唯一と言っていい投手ですね。
アンダースローという、下から投げる投げ方をします。
サブマリン投法ともいわれますね。
千葉ロッテマリーンズで背番号は31です。

なにが唯一かというと、アンダースローを超えるアンダースローとでも言えばいいのでしょうか。
アンダースローは下から投げるので、球の出所はかなり低くなりますが、この高さが渡辺 俊介の場合は究極的に低いのです。
地面から約5cmという高さでボールを放すので、打者が打つポイントよりも低い位置になるのです。
マウンドに手を擦ってしまうなんて言うアクシデントが起こることもあるということでいかに低いかということがわかります。


↑画像をクリック

渡辺 俊介の生年月日は1976年8月27日です。
身長が177cm 体重が 70kgですから少し細見の印象は受けますね。


渡辺 俊介がこのアンダースローになったのは何と中学生の時から。
まさに筋金入りの下手投げ投手なんですね。
下手投げになった理由が、レギュラーになれない息子を見かねて進めたものがここまでつながってきているんですね。
渡辺の投手としての野球人生は、常に2番手3番手でありエースとなったことはありません。

出身校は、高校が國學院栃木高等学校(国学院栃木高校)でも2番手、このときは小関竜也(現横浜ベイスターズ)がエースで4番で西武に入団しています。

國學院大學(国学院大学)でも大きな注目は浴びずドラフト指名はありませんでした。
1999年に社会人野球の新日鐵君津に入社しました。
2000年になり、ここでついにチャンスが巡ってきました、都市対抗野球大会でエースが故障して出番が回ってきました。
三菱重工広島、西濃運輸を破り4強入りに貢献して優秀選手賞を獲得。
さらにはその年の夏の、シドニーオリンピックにおいても野球日本代表に選ばれました。

2000年のドラフトで千葉ロッテマーリンズが4位指名してプロ入りを果たします。

プロ入りしてから最初は速球にこだわりを持ち過ぎたため、うまく行きませんでしたが、考え方を変えて緩急で勝負するようになって安定した投球になり先発投手として安定した成績を残すようになりました。

メディア関係でいうと、雑誌週刊ベースボールにて、コラム「KEEP ON MY PACE」を執筆していたこともあります。
雑誌なので画像や映像ではありませんが、写真とかは多かったでしょうね。

アンダースローなのでプロでも技術的なアドバイスできる人は少ないでしょうね。
ボールの軌道が他の投手とは全く違うのに、甘い球は打ってしまうプロの打者のすごさも同時に感じます。

森本稀哲 北海道日本ハムファイターズ

2011年 横浜ベイスターズ (⇒DeNA横浜)へ移籍
チームの低迷も相まって、目立った活躍が見せられていません。
成績が悪いとチームの雰囲気かえるのも難しいのでしょうね。 


森本 稀哲(もりもと ひちょり) 北海道日本ハムファイターズの外野手ですね。
中堅(センター)を守りますね。

あまりプロ野球を知らない人でも、容姿の特徴であるスキンヘッドの人と言えば分かるかもしれないですね。
あと、ピッコロ大魔王のコスプレをする人といっても分かるかも。
森本 稀哲 選手はイメージカラーを緑としているので、その影響もあってピッコロやっているのでしょうね。


↑画像をクリック

新庄剛志(しんじょう つよし)日本ハム時代の登録名は「SHINJO」ですが、知らない人はいないでしょう。
新庄が引退するときに、後継者として森本 稀哲を指名しています。
なので森本は新庄がつけていた背番号1を引き継いでいます。

森本稀哲の名前 ひちょり 変わってますよね。
この由来は父親が在日韓国人で韓国語でヒチョルという発音の言葉から来ているらしいです。
実家は西日暮里にある焼肉店『絵理花』。
韓国=焼き肉という単純なイメージがピッタリ当てはまっていますね。

森本稀哲の出身校は帝京高校です。関東に名門ですね。
1998年に主将を務めて、その時の夏の甲子園に出場しています。
ショートのポジションだったんですね高校の時は。。
高校では通算34本塁打と強打者でした。

この年のドラフトで日本ハムに4位で指名されてプロ入りをしています。
入団してから外野手に転向しています。

プロ入り後は2年目から一軍での出場機会がありますが、2003年に開幕でセンターで出場するもレギュラーといえませんでした。

森本は俊足ですし肩も強く守備は一級品でしたが、それに比べ打撃がなかなか伸び悩みました。
本当にレギュラーとして出場し始めたのは2005年のシーズンからといえるでしょう。

森本稀哲 野球は完全に球界を代表するような選手になっていますが、何といっても注目は、そのパフォーマンスです。
新庄との出会いの影響が一番大きいのでしょう。
でも元々その素養があったんでしょうね。

パフォーマンスの履歴を少し紹介しておきます。
2004年 秘密戦隊ゴレンジャー
2006年 オールスターでのピッコロ大魔王(ドラゴンボール)
2007年 ゴールデングラブ賞の授賞式でのマイケル・ジャクソン?

日本ハムの地元 北海道ではテレビCMにも出ています。
映像や画像でも北海道では露出が高いんですね。
写真集はさすがに見たことはないですが・・・

森本稀哲はファンを大事にしていろいろ野球以外の部分でも楽しませてくれます。
でもこれは野球に真面目に取り組んでいるからこそ許されるものでしょうね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

おかわり君 中村 埼玉西武ライオンズ

おかわり君 中村 こと 中村 剛也(なかむら たけや)内野手。
埼玉西武ライオンズに所属しています。

背番号は60番をつけています。

かなり丸い体形で、とてもアスリートには見えないのですが、めきめき実力を上げてきて西武ライオンズの主力選手となりました。


↑おかわりくん 中村カードです クリック

中村 剛也 選手の出身地は大阪府大東市で、出身校は名門 大阪桐蔭高校です。
高校通算ホームラン83本というバッティングを買われて、2001年のドラフト会議で2位指名されました。
このときは 浪速のカブレラ と言われていたようです。
(高校ホームラン記録を持っているのは大阪桐蔭の後輩で日本ハムに入った中田翔です。)

ただ、一軍で活躍できるようになって来たのが2005年からのことです。
高校生からプロの世界へ飛び込むと、なかなか最初の年からというわけにはいかないですね。

おかわり中村君の生年月日は1983年8月15日になります。

皆が知る中村 剛也 内野手のニックネーム おかわり君 は、西武の先輩に好きな言葉を聞かれたときに答えた”おかわり”ということが由来だそうです。
あとは見た目がお笑い芸人の サンペイに似ているということで、そのままストレートにサンペイ というあだ名もあります。

ホームランの おかわり はプロでは中々ありませんが、たまにあります。

本当にバッティングは見ていて、柔らかいです。右にも左にも打てます。
守備は3塁(三塁 サード)を守っています。
グラブさばきも、すごく柔軟です。
見ていて野球センスを感じさせるプレーぶりです。

体形からして足は遅そうに見えますが、見た目に騙されてはけません。

おかわり中村くん足速いんです。
かつてはという話になりますが、50m走は6秒3で走っていたそうです。

あとちなみに、あの丸っこい体形
身長は175cm で体重が102kgと3ケタの大台に体重は乗っています。
テレビの映像や写真とか画像で見ても、あんな素早い動きするようには見えません。
日本のプロ野球会 見渡しても日本人では100kg超えている人物はほんの数名です。

ちょっと癒し系の中村 剛也 選手 野球だけでなく・・・
ギャル層には微妙ですが、主婦層などにはうけているかもですね。

前田 智徳 広島東洋カープ

前田 智徳(まえだ とものり)外野手です。
天才打者と皆から言われますね。
本人は否定していますが、3冠王を3回とった落合博光などは前田 智徳の打撃を大絶賛しています。

前田 智徳の出身校は熊本県立熊本工業高等学校(熊本工業)ですのでいわゆる名門校ですね。
ここからプロになった選手も多いです。
この高校時代には3度甲子園の土を踏んでいます。
2年生で春・夏出場、3年生では夏の大会で前田は主将として出場しています。


↑プロ野球チップスターカード クリック

広島東洋カープに前田 智徳が入ることになったのは、1989年 ドラフト4位でドラフトにおいて指名を受けました。

2年目から、その持前のバッティングセンスで1軍で活躍するようになりました。
前田のそこからの野球人生は、怪我との戦いといっても過言ではありません。
特に持病というか弱いのが足のアキレス腱。
この故障にはかなり泣かされています。

身長175cm 体重 80kg でプロ野球選手としてはそんなに恵まれた体格という感じではありませんね。

中堅(センター)を守り、1991年から4年連続でゴールデングラブ賞を獲得した姿は今では想像するのが難しいほど。

満足な体の状態で戦えたのは、何シーズンあるのでしょうか。

前田 智徳の野球に対するひたむきな姿勢から”侍””求道者”とも呼ばれます。
天才がそこまでの努力をするのですから打てて当たり前ですね。

ただ前田本人は故障がちな自分のことを”ガラクタ”と形容することもあります。
本当は、広島東洋カープの4番をずっと勤めていてもおかしくないのですが、全試合出場が難しいことが分かっているので、頑として拒んできました。
全く4番を打ったことがないわけではないですが・・・

その間、金本(現阪神)や前田(現西武)は4番を打って、FAで移籍していきました。
FA権を持っているにもかかわらず全く行使せずに広島に残っているのも男気を感じますね。

広島のファンもわかっていて、いろいろなグッズが出ています。
・前田坊や球団マークのカープ坊や をもじったもの
・前田スラィリーはマスコットのスラィリーをもじったもの
なぜか
・星の前田さま という有名な童話 星の王子さま からきたもの

いかにファンに愛されているかがわかります。

前田 智徳の体が強ければ、どれだけの活躍をできたのか。
落合を超えていたかもしれません。

記録としては打撃タイトルは一つも取れていません。
2007年9月1日に 2000本安打は達成しています。

内川 聖一  横浜ベイスターズ

内川 聖一(うちかわ せいいち) 内野手 横浜ベイスターズの選手です。
打撃に開眼して?2008年シーズン首位打者とれるでしょうか。

生年月日は1982年8月4日です。
何といっても内川 聖一の特徴は アゴ です。。
野球のことじゃないのですが・・・
”アゴジラ”といわれることもあるようですが、本人はあまりお気にいりではないようです。


↑クリック

巨人へ移籍した門倉投手といい勝負です。
内川 聖一と二人並ぶとすごいでしょうね。

内川 聖一がプロの道へ進んだのは2000年のドラフトでのこと。
ドラフト第1位で横浜ベイスターズに指名されました。

出身校は大分県立大分工業高等学校(大分工高)です。
出身地も大分県大分市とずっと地元だったんですね。

身長184cm 体重82kgとプロ野球選手としては標準的なところでしょうか。
背番号は2番です。

なんでも内川 聖一は高校時代に骨膿腫という骨がもろくなる病気で何度も手術しています。

守備としては、 左翼手(レフト) 一塁手(ファースト) 三塁手(サード)を守ることができますが、基本的には内野手です。
内川 聖一はファーストを守ることが多いですね。

この内川 聖一のポジションから見ればわかると思いますが、守備はあまり得意ではないです。
バッティングはかなり前から、完全に一軍レベルにありました。
内川 聖一がリーディングヒッターをとれば、映像や画像もたくさん出てくるでしょうね。
本なんかも出したりして。。。さすがに写真集はないですが、アゴコレクションで・・・

TBSはベイスターズの株主で応援していますから、なんらか特番でも組まないかな首位打者とったら。

畠山和洋 東京ヤクルトスワローズ

畠山和洋(はたけやま かずひろ)内野手いまやスワローズの4番言えば畠山となってきました。
12球団1安い4番打者として有名に。
ちなみに年棒は900万円といわれています。
背番号は33


↑プロ野球カードですクリックして確認を。

ヤクルトのシンデレラボーイ?と言うにはちょっと年が行き過ぎていますが。。
生年月日が1982年9月13日生まれなので26歳です。
プロ入りして8年目にして花が開いたという、どちらかというと遅咲きですね。
2000年のドラフト5位として畠山和洋はヤクルトスワローズに入団。

出身校は高校で専修大学北上高等学校です。
この時に何度も甲子園出場を果たしていて、チームはたくさん勝ち進むことはできませんでした。
1998年夏の甲子園の如水館高校との引き分け再試合になった死闘は有名ですね。

高校通算62本というホームランを記録、その長打力を買われてプロへの道を進みます。

畠山和洋 選手が守っている というより 守れるポジションは1塁(ファースト)と3塁(サード)の内野ですが守備はあまり得意ではないタイプ。
走塁も足は速くないので苦手です。

本来であれば東京ヤクルトスワローズの高田監督の目指す、足を使うスモールベースボールには向いていないのですが、ラミレスがチームから抜けるなどの幸運もあり4番に定着しています。

よく顔がいかつく、迫力があって威圧感があるというのも4番打者向きですね。

これらの活躍によって注目されていますので、映像や画像での露出も増えてきています。
さすがに写真集が出るとは思えませんが・・・

畠山和洋グッズは活躍が続けばこれから増えていくでしょう。

ちなみに、1年後にヤクルトから2巡目で指名を受ける梶本勇介は、高校の1年後輩である。

これからが楽しみな畠山和洋 東京ヤクルトスワローズの内野手ですが、助っ人外国人などと闘っていかなければいけない状況であるのは間違いないでしょう。

畠山かずひろ パチンコも大好きですが、さすがに顔が売れてきたの自粛中とか。。

下柳 剛 投手 阪神タイガース

2012年 現役を楽天 星野監督元で続行。

下柳 剛(しもやなぎ つよし)は左投げ左打ちの投手で背番号は42という人が嫌いそうな背番号です。

阪神タイガースの投手。
そのなんとも言えない風貌が印象的です。
不精ひげ がトレードマークになっていますね。
身長184 cm 体重 96 kgと体格はいいのでスが、とてもプロ野球選手に見えない感じが・・


↑下柳剛 投手のカードです。クリックして確認してみてください。

でも下柳 剛は阪神タイガースの最年長投手として のらりくらい投法 で先発投手をしています。
こう書くと球が遅い投手のように聞こえますが、かつてはストレートだけで勝負できるピッチャーでした。
さすがに40歳になってくると、そんな球は投げられないので投球スタイルを見事に変えています。
40歳を超えて2ケタ勝利ですから素晴らしいことです。

生年月日が 1968年5月16日です。

長崎県長崎市出身

出身校は瓊浦高等学校(けいほこうとうがっこう)という野球では有名ではないところですね。
八幡大学(現:九州国際大)へ進学しましたが中退しました。
よって高校が出身校になりますね。

新日鐵君津 に入社して、そこでエース投手に成長して都市対抗野球に出場しています。
そこでプロの目にとまり、かつての福岡ダイエーホークスに4位指名されてプロ入り。
日本ハムファイターズをへて2003年から阪神タイガースに所属しています。

下柳剛 阪神タイガース投手は大の犬好きで有名。
チームを移籍するときには、犬に対する待遇をかくにんするくらいです。
黒のラブラドール・レトリーバーのラガー君とかルビーが有名ですがなんでも今はもっと増えているみたいです。
ラガーの子供たちでバド、ミラー、コロナ、ギネス、ヒナノ、レオ、オリオン、チンタオ、ホープと・・・
ビールの名前です全部。

あと下柳つよし さん格闘好きとしても有名。
格闘家 桜庭和志さんのセコンドについたこともあります。

そんな下柳剛 投手の画像とか写真は、そんなに多くはないですね。
でもそうとに人気はるようなのですが・・・
壁紙とかも見かけないですね。潔癖症の人にとっては辛いものもあります。

下柳 剛投げていくだけで阪神最年長記録がどんどん出来ていきます。

坂本 勇人 読売ジャイアンツ(巨人)

坂本 勇人(さかもと はやと)選手は内野手です。
思わず ゆうと と読んでしまいそうですが、はやと です。
いまは読売ジャイアンツでおもにショートを守っていますね。
2塁(セカンド)と3塁(サード)も守ることができます

坂本勇人 内野手は背番号が61と大きい数字です。
2009年から一桁の6番となりました。


↑やっぱり応援には欠かせません。6の入ったオレンジのタオル。
クリックすると拡大して見ることができます。


2006年の高校生ドラフトで読売ジャイアンツに外れ1位で指名されました。
その時の契約金が8000万円 年棒が650万円で契約しました。

出身は兵庫県伊丹市になるのですが、出身校は青森の光星学園です。いわゆる野球留学ですね。
でもその甲斐はありましたね。光星学園で活躍をして読売ジャイアンツに指名されたのですから。

もっと遡ると、小学校のとき楽天の投手 田中将大と同じチームだったそうです。
少年野球チームの昆陽里タイガースで野球をしていました。
ここからプロ野球選手が2人出たとなるとすごいことですね。

本当に坂本勇人選手が凄いのは、10代で巨人の開幕スタメンとなったこと。
これは現在の大リーガー ヤンキースの松井秀喜 以来の快挙です。
8番で2塁ではありましたが。

そこからは予想以上の活躍を続けています。
ニ岡選手の怪我や不振もあって、ショートを守るようになりました。
二岡選手の後継者として期待されていましたが、まさかここまで早くほぼレギュラーを取ったような状態になっるとは思いませんでしたね。

巨人 原監督の期待に見事こたえています。たぶん期待以上だと思います。

坂本はやと 内野手 これだけ活躍すると、メディアでの登場する回数も増えて、画像や映像を目にする機会も増えていくでしょう。
すでに週刊誌の表紙を飾ったことはあるようです。
今後は、写真週刊誌とか気をつけなといけないですね。
熱愛発覚とか恋人とかすぐ話題にされてしまいそうです。

ちなみに坂本勇人選手の生年月日 1988年12月14日
身長183センチ 体重 78キロです。



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

山本昌 200勝

山本昌(ヤマモト マサ) 中日ドラゴンズの投手(ピッチャー)です。
山本昌は登録名で、本名は山本昌広ですね。
1965年8月11日 生まれなのですでに40歳を超えています。
背番号は34だったかな。

今年2008年に、200勝を達成しています。
最後の200勝投手になるかもしれないといわれています。

山本マサのプロ野球人生は1984年のドラフト5位で日大藤沢高から中日ドラゴンズに入団したことにはじまります。
最初のころは泣かず飛ばずの状態で、いつ首になってもおかしくない状態でした。
整理対象選手として名が挙がっていました。

転機は1988年ロサンゼルス・ドジャースと同じベロビーチでキャンプを行った後です。
若手選手5人が野球交換留学としてそのままアメリカに残ることになりました。
実はこのシーズンの戦力にはならないということだったらしい・・・

当時の懐かしい映像や画像がテレビで見られることもありますね。

アイク生原さんが熱心に指導してくれてピッチングの基礎を学び。
決め球のスクリューボールを会得。
これがはまって1Aのオールスターにまで選ばれるほどの活躍。
大リーグからも声がかかるほどでした。
その活躍ぶりに日本へ呼び戻され、一軍での活躍が始まりました。

そこから200勝へ向けて一直線となります。
1993年1994年と連続最多勝。
1994年は沢村賞をとっています。なんと19勝を挙げています。

投げれば記録になるような状態になってきていますが、輝いているのは史上最年長ノーヒットノーラン
です。
2006年9月16日の阪神戦です。
ナゴヤドームでした。
プロ野球史上73人目(84回目)となるノーヒットノーランを41歳1か月で達成しています。
残念ながら世界記録ではないのですが、左腕に限れば、世界記録となるそうです。

普段の生活というかプライベートでは、ラジコンです。
ラジコンカーレースの腕前はプロ並み。
現在楽天の山崎武司とともに山山杯という冠イベントを開いたりもしています。
クワガタやカブトムシも大好き。

ただプロ野球選手として縁がないのが、日本シリーズ。
何回も出ていますが未勝利。

とにかく一勝したいとの思いが強いようです。
本もいろいろ出ていますが、きっと引退したらいっぱい自叙伝とかの書籍も出すでしょうね。
これだけの記録を打ち立てれば・・



イチロー 200安打

イチロー(いちろー)は、メジャーリーグのシアトルマリナーズで1番打者として活躍しています。
すごい偉業を成し遂げました。
8年連続200安打 
これは、1894年から1901年となんと100年以上も前にウィリー・キーラー(オリオールズ)がつくったメジャー記録タイになったのです。

イチローは本名は鈴木一朗
愛知県西春日井郡豊山町の出身です。
イチローの実家もここにあり、自宅に並んでイチロー記念館が建っています。
入場料は
一般/大人(高校生以上) 900円
一般/小人(中学生以下) 300円
団体/大人(高校生以上) 700円
団体/小人(中学生以下) 200円
前売券/大人(高校生以上) 700円
前売券/小人(中学生以下) 200円
となっています。
ちなみに父親が、チチローとも呼ばれていて、名前は鈴木 宣之さん。

でも前売り券はいったいどこで買えるのでしょうか。
プロに入ったのが、1992年 オリックスブルーウェイブにドラフト4位でした。
高校は野球の名門 愛高大名電 です。
甲子園にも出場していますが、いずれも1回戦敗退です。
1990年は、全国高等学校野球選手権大会(甲子園)に左翼手として出場。
一回戦で天理に負けました。
1991年は、選抜高等学校野球大会へこのときは、投手として出ています。
このときも松山商業相手に一回戦敗退しています。
甲子園では大きな活躍はなかったと言っていいですね。

プロに入って打者一本に絞り才能が開花しました。
その才能を見抜いたのが、オリックスの監督だった仰木彬さん。
イチロー最大の恩人です。

家族は奥さんは元TBSアナウンサーの福島弓子さんと愛犬の柴犬の一弓(いっきゅう)一休でないですよ。

出ているCMは数知れず。
ハウス食品 の『とんがりコーン』『バーモントカレー』
アサヒ飲料 の『三ツ矢サイダー』
サトウ製薬の 『ユンケル』
NISSAN
住友林業
日興コーデュアル証券
など

イチローの映像や画像は大リーグにいてもたくさん見ることができますね。
シーズンオフにはドラマに出演しありもしています。
古畑任三郎・ファイナルですね。
DVDに録画して持っている人も多いのでは。

写真集や本も出ているはずですし ・・・
壁紙も探せば出てきます。

とにかく来年9年連続200安打達成へむけてイチロー頑張ってほしいですね。


カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。