スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片岡 易之 埼玉西武ライオンズ

片岡 易之(かたおか やすゆき)は埼玉西武ライオンズの内野手です。
背番号は7番。
基本的にセカンドを守る二塁手ですが、ショートを守ることもできます。

この背番号7というのは、西武のかつての名選手がつけていた番号で、石毛宏典やメジャーへ行った松井稼頭央がつけていた番号なのです。
それだけの背番号を入団当初からつけていたのですから、チームからいかに期待を受けてのことかということがわかります。

では片岡 易之のプロフィールを見ていきましょう。
片岡の本名は保幸という漢字を書きます。
アマチュア時代からいろいろ怪我に悩んできたので、登録名を易之に変えたのだそうです。
1983年2月17日生まれ。右投げ右打ちなのですが、実は左利きという変わったパターンですね。
身長176cm 体重82㎏


↑片岡選手の画像です。走塁の姿 クリックすると拡大して見ることができます。

出身地は千葉県千葉市花見川区で、出身校は文星芸大付高(かつて宇都宮学園高校でした)において、甲子園出場を果たしますが、大きな活躍はできませんでした。
このころの片岡 易之の写真や画像はあまりないですね。

2001年に社会人野球へ進みます。
東京ガスでの活躍がスカウトの目にとまり、2004年のドラフトで3巡目で指名(ドラフト2位ともいえます)されました。
契約金1億円+出来高5000万円 年棒1500万円です。
ちなみのこのときの一位は湧井投手でした。
西武にとっては本当に当たり年でしたね。

2005年のシーズン一年目から早くも一軍での活躍を始めます。
2年目の2006年シーズンからは、2塁のレギュラーを取りました。
やはり足と守備が安定しているので使いやすいのでしょうね。


↑片岡モデルのグローブです。クリックすると拡大します。

2007年2008年は盗塁王をとっています。
完全に足のスペシャリストとしても認知度が高くなってきています。
もちろんバッティングもなかなかなものです。
シーズンによっては3割に届き等なところまで来ています。
2008年はパリーグでの最多安打を記録。

年棒も5700万円となって、2008年の活躍からすると9年は・・・

しかしなんといっても足でしょうね、足でかき回してノーヒットで1点とるなど試合の流れを変えることができます。
足にはスランプはないですから、大きな武器です。

お立ち台やファン感謝デーは、普段のプレー振りからはなかなか想像できないようなパフォーマンスでファンを楽しませてくれます。
かぶりものが得意ですね・・

片岡 易之 選手 仲良しな選手は おかわり中村くんだそうです。
中村選手がホームランを打った後のベンチを見ればその熱々ぶりが。
彼女とかはやきもちを焼いたりして、まさか結婚とかはありえないので・・

ともかく西武の片岡選手は、3拍子揃った非常にいい選手へとさらに成長を続けています。
スポンサーサイト

岸 孝之 埼玉西武ライオンズ

岸 孝之(きし たかゆき)は埼玉西武ライオンズの投手です。
背番号は11番です。
高校までは全くの無名で、大学での活躍で一躍ドラフト候補の筆頭に名前が挙がってきました。

【とても初々しい感じの 岸孝之の画像です】

では、岸 孝之 投手のプロフィールを見て行きましょう。
生年月日は1984年12月4日生まれで、出身は宮城県仙台市太白区になります。
身長が180cmで体重が68kgとかなりスリムな体格です。
細身と言っても過言では無いでしょう。
右投げ右打ちです。
スマートでイケメンで人気もかなり上がってきています。
プロに入ってからの画像や写真はかなりあるでしょうね。

出身校は高校は、宮城県名取北高校でこの頃は全くの無名と言っていい存在で、甲子園への出場経験はありません。
仙台育英などが強いですから甲子園はかなり狭き門ですね。
東北学院大学へ進学しても野球を続け、ここで才能が開花しました。
東北には東北福祉大などの全国的な強豪校がいますが、そこを相手に仙台六大学野球リーグではの35連覇を阻止しました。
日米大学野球の選手にも選ばれ、活躍しました。

その体格や投球内容から、西武の 西口二世といわれました。
その三振の多さから、”みちのくのドクターK”と呼ばれることもありました。


↑岸投手の投球フォームです、クリックすると拡大します

2006年のドラフトで楽天と西武が競いましたが、尊敬する西口投手がいるということで西部を選び自由枠で入団しました。
契約金は1億円 年棒は1500万円で契約しました。

2007年プロに入ってからの活躍は、また目覚しいものがあります。
入団一年目からチャンスをつかみローテーション投手になりました。
勝ち星も11勝に達しましたが、新人王は楽天の田中マー君に取られてしまいました。
成績は新人王にふさわしいものでしたので優秀選手賞を受賞しています。

2008年シーズンは2年目のジンクスにはまりかけましたが、シーズン中盤からぐんぐん調子を上げてほぼ一年目と同じ成績を収めましたが、なんと言っても日本シリーズでのMVP獲得です。
完全に球界を代表する投手になったといえるでしょう。

岸 孝之の持ち球(球種)は、MAX152km/hの直球と切れ味抜群のスライダーを中心に組み立てます。チェンジアップやカーブも自在に操ります。

でもプロ野球選手としては、かなり食が細く、あがり症ということなのですが、ピッチング見ていると全くそんなことは感じさせません。

埼玉西武ライオンズにおいて、岸はエース涌井と並ぶ完全に2枚看板ですね。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。