スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工藤公康 横浜ベイスターズ

工藤公康(くどうきみやす)は横浜ベイスターズの投手です。
背番号は47番。
ハマのおじさん とも呼ばれています。
プロ野球選手として、現役選手としては勿論、歴代でもトップ3に入る高齢の選手です。
40代のなかばを超えてきています。
一軍での実動年数も27年となり最長記録を更新中です。
これまでに獲得したタイトルは多数ありますが最多勝だけは獲得していないのは不思議なことに思われます。


↑横浜の工藤投手の画像です。クリックすると拡大して見ることができます。
工藤投手の投球ふぁおむは完成されたもので、参考にするプロの選手も多いです。

工藤公康 投手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1963年5月5日生まれ。
出身地は愛知県豊明市になります。
身長は176cmで体重は80㎏で、そんなに体格的に恵まれているというわけではないですね。
左投げ左打ちです。
出身校は愛工大名電高(名古屋電気高等学校)で、甲子園で活躍してノーヒットノーランを達成するなど(金属バットになってから初めて)で、投手としてチームをベスト4まで導いています。

プロへは1981年のドラフト会議で西武ライオンズが6位指名。
その時点で工藤公康は社会人野球 熊谷組への就職を発表していましたが、西部の根元マジックといわれる強行指名でした。
本来はドラフト上位で指名されて当たり前でした。
そのかわり契約金、年棒はその時のドラフト1位よりも上だったといわれています。

1982年からプロでの生活がスタートしました。
入団した年から一軍での活躍をはじめ、西部ライオンズのエースとして黄金時代を支える投手となりました。


↑工藤公康が長く活躍できる秘密の一端がありそうです

そんな中、1994年にFA宣言をして当時の福岡ダイエーホークスへ移籍。
王監督の下でも主力投手として活躍、優勝、日本一に貢献。

さらにさらに1999年2回目のFA権行使で巨人へ移籍しました。
巨人でも工藤公康は、ローテーションを担うピッチャーとして活躍しチームを優勝に導いています。
まさに優勝請負人ともいえる感じですね
2004年には200勝を達成しています。

2006年以降は故障などでなかなか思うような活躍をできていませんが、オフシーズンに巨人がFAで獲得した横浜ベイスターズの門倉投手に人的保証選手として移籍しました。

2008年シーズンは肘を故障してほぼ一年を棒に振りました。

2009年シーズンは年棒も5000万円まで下がりましたが、現役投手としてプレーを続けます。

自分の体の手入れは怠らず人の何倍もの気をつけていることがきっとこの年齢まで現役投手を続けられている原動力になっています。
食事、トレーニング・・・
全くそんな年齢を感じさせない動きと球の勢いです
子沢山であることも有名ですね。
スポンサーサイト

川上憲伸 メジャーリーガー(アトランタ・ブレーブス)

川上憲伸(かわかみ けんしん)はアトランタブレーブスの投手です。
背番号は11番です。
これは以前所属していた中日時代の番号と一緒です。

川上憲伸は日本球界を代表する投手で、中日ドラゴンズへ入団して以来活躍を続け、2009年シーズンより念願のメジャー挑戦となりました。
ピンチにも全く動じない強気のピッチングが印象的な投手です。
最多勝など投手部門の数々の賞も獲得しています。


↑川上モデルのグローブです。詳細は画像をクリックして下さい。

川上憲伸は大学時代から巨人の高橋由伸と投手と打者という立場でのライバル関係で、プロでの対戦でも明らかに気合が入っていることが分りました。

では川上投手のプロフィールなどを見て行きましょう。
生年月日は1975年6月22日で、出身地は徳島県徳島市になります。
身長が179cmで体重は90kg。

出身校は徳島商業高校で、3年生のときにエースで4番というポジションで、甲子園出場を果たし、準々決勝まで行く活躍を見せましたが、このときはドラフトにはかかりませんでした。
大学は明治大学へ進学してもエースの座を獲得して、東京六大学野球秋季リーグ優勝に導くなどの目覚しい活躍を見せました。

1997年のドラフトで大学の先輩である星野監督が指揮を取る中日ドラゴンズを逆指名して、ドラフト1位指名としてプロの世界へ入りました。


↑川上の画像です。投球フォームが良くわかります。
クリックすると拡大して見ることができます。

川上憲伸はプロ入りしてからも、入団1年目で14勝を上げ新人王を獲得、年によって好不調の波や故障などもありましたが、実績を積み重ね着実に中日ドラゴンズのエースとしての階段を上っていきました。

川上憲伸の持ち球(球種)は、ストレートが145kmを越える速球で、それを軸にカットボール、シュート、カーブ、スライダー、フォークと多彩です。
特にカットボールは川上の代名詞のようなもので、メジャーリーガーにも絶賛されました。
ただカットボールの使いすぎか、すこしストレートが落ちてきた感じもあり、2008年は再びストレートを多くして力を取り戻したような気がします。

バッティングが大好きなことも有名で、現役の日本人投手では最も多くのホームランを打っています。

アメリカへ渡る川上憲伸ですが独身で、一人暮らしになるはずです。
連れて行く彼女とかはいないのでしょうか。。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。