スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原 道大 読売ジャイアンツ

小笠原 道大(おがさわら みちひろ)は読売ジャイアンツの内野手です。
どんな状態であれいつもフルスイング見ていてとても気持ちがいいですね。
それで一見豪快に見えたとしても高い打率を残すところが凄いです。
背番号は2番をつけています。

愛称は”ガッツ”といわれることが多いですね。
ミスターフルスイングともいわれますが、小笠原のプレースタイルを端的に表しています。

いまでこそ一塁手(ファースト)または三塁手(サード)ですが、プロへ入ったころはセンター以外はどこでも守れるというある意味 野球センスの塊 とも言えるのでしょうね。
日本ハム時代には捕手としても実際に試合に出ているというのは、本当に珍しいことです。

小笠原 道大のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1973年10月25日生まれで、千葉県千葉市美浜区の出身です。
出身校は暁星国際高等学校(暁星高校)ですが、甲子園への出場などはなかったようです。意外なことですが、高校通算本塁打(ホームラン)は0本ということで今の姿からは全く想像できません。


↑小笠原の豪快なバッティングフォームです。

そこから 小笠原 道大は社会人野球の道を選びNTT関東へ入社、活躍はそれなりにあったようですがチャンスをつかんだのは都市対抗野球で新日鐵君津の補強選手として選ばれたこと。
ここでベスト8へ進む原動力となり注目を集めました。
いまのソフトバンクホークスの松中信彦とクリーンアップをつとめています。

小笠原 道大が1996年のドラフトで日本ハム ファイターズから3位指名を受けました。
入団してからの2年間は、レギュラーではなく出番も少なかったですが、3年目の1999年からは一塁手のレギュラーを獲得、2番打者として活躍して、最強の2番打者と呼ばれるようになりました。


↑小笠原モデルのグローブです

それからの、小笠原 道大の日本ハムでの活躍は目覚ましく 首位打者:2回(2002年・2003年) 最多安打:2回(2000年・2001年)など完全に球界を代表する打者へと成長しました。

2006年にFA権を獲得して、2007年シーズンは読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍しました。
2006年パリーグのMVP、2007年セリーグのMVPと両リーグでMVPを取っていますが、これは江夏豊以来の快挙ということです。

小笠原 道大選手はすでに結婚しているのですが、かなりの恐妻家であるといわれています。日本ハムが本拠地を東京から北海道へ移す際も単身赴任であったとのこと。
(いろいろな事情があるのでしょうが)
そんな状況も、FAで巨人を選んだ理由なのかもしれませんね。

これからもどんどん豪快なフルスウィングを見せてほしいです。
スポンサーサイト

川崎 宗則 福岡ソフトバンクホークス

2012年 イチローの後を追って(この軸は全くぶれていません)
マリナーズとマイナー契約から、メジャーへの道を勝ち取りました。
オープン戦で素晴らしい成績。

川 宗則(かわさき むねのり)は、福岡ソフトバンクホークスの内野手です。
野球の実力もさることながら、その容姿から女性ファンから絶大な支持を受けている選手ですね。
愛称は ムネリン とかわいらしい感じ。
背番号は52番。
この背番号には強いこだわりがあります。
誰もが知る日本人メジャーリーガー イチローの背番号が51番。
そのイチローを尊敬する川崎 宗則は、その一つ後ろの番号にこだわっているんです。
シーズンオフに川崎選手とイチロー選手が一緒に練習する姿がニュースになったりします。

もちろん野球での実力は折り紙つき。
福岡ソフトバンクホークスのレギュラーでショートを守ります。


川 宗則のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1981年6月3日生まれです。身長が179cmで体重は74㎏です。
どちらかといえば細い方ですね。
出身地は鹿児島県姶良郡姶良町です。
出身校は鹿児島県立鹿児島工業高等学校 (鹿児島工業高校)で野球の名門高校ですが、甲子園へ出場しての活躍はありませんでした。
九州では俊足で、安打製造機ということで、薩摩のイチロー ”サツロー”と呼ばれていました。(ちょっと微妙な感じですね・・・)
これらの活躍が地元球団のホークスに見いだされて1999年のドラフトで4位指名を受けてプロの道へとすすみました。


↑川 宗則選手モデルのグローブです。詳しくは画像をクリックしてください。

プロへ入ってからは、高卒ルーキーということでいきなり一軍での活躍はありませんが、ウェスタンリーグでは、首位打者や盗塁王などその才能を発揮していました。
川崎 宗則が一軍での本格的な活躍を始めたのは、2003年からです。
レギュラーだった小久保や鳥越の故障などで出番が回ってきました。
しっかり打率や盗塁などの結果を出して、レギュラーを獲得しました。
それからの活躍は言うまでもありませんね。
ベストナインやゴールデングラブを獲得するなど、大活躍をみせ、WBCの代表に選ばれるなどしています。
WBCでの本塁へ滑り込んだ時のベーツタッチは”神の手”ともいわれました。

そんなムネリン 彼女は今いるのでしょうか。
いろんな噂がありますね。モデルと付き合っているとか、数年付き合った彼女が東京にいるとか。。。
女性ファンにとっては大きな関心事なのでしょうね。結婚の知らせがあるまではまだチャンスはありです。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

稲葉 篤紀 日本ハムファイターズ

稲葉 篤紀(いなば あつのり)選手は日本ハムファイターズの外野手です。
背番号は41番です。
全日本のメンバーに選ばれるなど、球界を代表する打者になりましたが、それよりも印象的なのは、”稲葉ジャンプ”ですね。

稲葉 篤紀 選手が打席に立つと球場全体が揺れます。
応援でファンが一斉にジャンプをするためで、テレビを見ていて地震ではと勘違いするくらいに本当に揺れますね。(一説によると震度3~4くらいといわれていますが・・)

では稲葉 篤紀のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1972年8月3日の生まれです。
出身地は愛知県西春日井郡師勝町で現在は北名古屋市となっています。
高校は地元の野球の名門で全国的にも有名な中京大学附属中京高等学校(中京大中京高校)です。愛知県内で甲子園出場をかけて愛工大名電のイチローと争っていました。


稲葉選手の奇麗なバッティングフォーム。クリックすると拡大してみることができます。

高校ではプロから声はかからず、法政大学へ進学。
六大学野球での活躍などで、日米大学野球の代表に選ばれるなどしました。
1994年のドラフトでヤクルトスワローズから3位指名を受けてプロの道へ入りました。
この時のエピソードして、当時のスワローズの野村監督が息子の克則さんの試合を観戦へ行った時に目にとまってプロへの道が開けたということです。

プロ野球でヤクルトスワローズへ入団してからは、1年目から一軍での出場機会に恵まれ打撃に守備にと活躍を見せ始め、2年目からはほぼレギュラーを獲得。
ヤクルトスワローズの黄金時代を支える選手でした。

プロ10年目を迎えた2004年のオフにはメジャーへの挑戦を目標にFA宣言をしましたが、メジャーの球団からは、声はかからず日本ハムへ移籍することになりました。
そのころはセリーグからパリーグへFA移籍する選手は少なく、稲葉 篤紀選手が2番目なのだそうです。
いまでこそ、パリーグの球団も人気がありますが・・・


↑稲葉選手のサインボール、詳しくは画像をクリックしてください。

この北海道日本ハムファイターズへの移籍は、稲葉本人にとっても成功だったと言えるのではないでしょうか。
日本ハムへ移籍してからは、打撃がさらに向上して2007年には首位打者を獲得するなど常に打率3割をマークするようになっています。
北海道日本ハムのリーグ優勝、日本一にも貢献していますし、パリーグの外野手としてゴールデングラブも獲得しています。

稲葉 篤紀のプライベートの部分はあまり出てきませんが、とても男前な顔ですが大きな特徴としては右頬のあざ(痣)があります。
これは生まれついての物のようですが、それさえもなんとなくかっこよく見えてしまいます。

これだけの人気選手でイケ面なのですが、独身です。彼女とかはいないのでしょうか。
稲葉選手はヤクルト時代に一度結婚しているのですが、離婚してしまったのだそうです。
いろいろ事情はあるみたいです。
そんなことがトラウマになっているのかもしれません。。

北海道日本ハムファイターズの稲葉 篤紀 選手、プロへ入っておおきな怪我もなく長く活躍をつづける選手です。
日本ハムでプロ野球選手としての骨をうずめる覚悟のようです。

村田 修一 横浜ベイスターズ

村田 修一(むらた しゅういち)は横浜ベイスターズの内野手です。

2012シーズンは フリーエージェントで、読売ジャイアンツへ移籍。
背番号は25
開幕からレギュラーとして出場していますが、出足はそのプレッシャーからか不振となっています。


セカンドを守っていたこともありますが、サードが定位置になっています。
背番号は25番です。

日本を代表する長距離ヒッターとして良く知られていますね。
豪快なバッティングフォームも様になります。
全日本でも4番を務めることもあります。
「男・村田」という愛称?自称?ともいわれます。


↑村田の画像です。バッティングフォームは画像をクリックすれば拡大します。

そんな村田 修一 選手のプロフィールは、生年月日が1980年12月28日の誕生日で、身長が177cm、体重が87kgと長距離砲としてはそんなにすごく恵まれた体格をしているわけではありませんね。
出身地が 福岡県糟屋郡篠栗町で、出身校は高校が東福岡高校で大学が日大(日本大学)になります。

東福岡高校では、投手として甲子園出場を春夏連続で果たしています。
当時の横浜高校の松坂大輔と投げあったこともあります。
高校通算で30本塁打を放っており、長打力はその頃から見せていました。
高校時代の活躍はありましたが、このときにはドラフトにかかることは無く大学へ進学。

日本大学へ入ってからは打者へ転向しました。
東都大学リーグで多くのホームランを放ち一躍プロのスカウトの注目を集めるようになりました。

2002年のドラフト会議で自由獲得枠で入団。
契約金が1億円+出来高5000万円 年棒1500万円で横浜ベイスターズへ入団することになりました。

プロへ入ってからの村田は1年目2003年シーズンから活躍を見せます。
三塁のレギュラーに定着し、ホームランも25本打ちという活躍ですが、荒削りな面も目だって打率はかなり低い状態でした。

打撃が不振になることも何度かありましたが、スタメンやレギュラーのピンチになると起死回生のホームランなどの長打力を発揮してきました。
プロでの経験を重ねる内に打率も徐々に上がってきてきて、3割を超える打率も残せるようになりコンスタントに打てるようにもなっています。

男 村田 修一はなんと言ってもやはりすごいのは長打力で、2007年 2008年と連続でセリーグのホームランキングを取っています。
これは、日本人としては落合博満 以来の快挙です。

村田 修一は、結婚していてプロ入りして2年目のことです。
大学時代からの彼女なのでしょうか。
子供も息子さんがいます。

日本を代表する長距離ヒッターは、確実性も上げてきました近い将来3冠王となるときも来るかもしれません。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

青木 宣親  東京ヤクルトスワローズ

青木 宣親(あおき のりちか)選手はヤクルトスワローズの外野手です。
背番号23.
走攻守 3拍子揃っていますが、特に打撃に関しては日本でプレーする選手の中でナンバーワンのアベレージヒッターと言って良いと思います。
当然、全日本にも選ばれ活躍もしていますね。

では青木 宣親 選手のプロフィールを見て行きましょう。
生年月日は1982年1月5日生まれです。
身長175cm 体重 77kgで、右投げ左打ちです。
出身は宮崎県日向市で、出身校は高校が宮崎県の日向高校で、大学が早稲田大学になります。
高校時代の青木 宣親 選手は全国的に目立ったか活躍は見られず、写真や画像はあまり見られないようですね。早稲田へもスポーツではなく一般推薦で入学しているのだそうです。

↑青木選手のバッティングフォームの画像です。
クリックすると拡大してみることができます。

頭角を現したのは、早稲田で六大学野球における活躍です。
成績はすばらしかったのですが、同期に阪神タイガースにドラフト1位指名された鳥谷敬がいて注目を集めていましたので、その陰に隠れてしまった感じがします。
(早稲田大学の野球部の黄金時代でその頃の6人がプロ野球へ入っています。)
2003年のドラフトでヤクルトスワローズから4位で指名されています。
契約金7000万 年棒1000万で契約しています。

プロへ入ってからの活躍はいうまでありませんが、入団した一年目の2004年は一軍での出場機会があまりありませんでしたが、2軍では首位打者を獲得してその打撃に関する才能の片鱗を見せていました。
2005年に稲葉の移籍で空いた外野のポジションを獲得、シーズン当初は少し苦しみましたが、シーズン通して高打率をマークして首位打者と新人王を獲得。
イチローに次ぐ日本人2人目の200安打もマークしています。

↑青木選手使用モデルのグローブです。
画像をクリックすると拡大して詳しく見ることができます。

それ以降は打率は.340(3割4分)前後を安定してマークしており、さらにパワーアップも果たしているので本当に穴の無いバッターです。
独特のバットを寝かして低く屈んだようなバッティングフォームは試行錯誤のすえ重心を低くするためだそうです。
俊足でもあり、2006年シーズンには盗塁王も獲得していますし、俊足を生かした広い守備範囲でゴールデングラブ賞も獲得しています。

このまま行けば、どのくらいの生涯打率を残すのでしょうか。
又は、メジャーへ行ってもイチロー以上の活躍をするかもしれませんね。

青木 宣親 選手のプライベートでは、恋人(彼女)がいることが報道されています。
テレビ東京・大竹佐知アナウンサーです。
交際を認めてもいます。この恋の行方も注目されることです。。

東京ヤクルトスワローズ 青木 宣親 選手、今後いったいどこまで伸びて行くのでしょうか。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。