スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涌井 秀章 埼玉西武ライオンズ

涌井 秀章(わくい ひであき)は、埼玉西武ライオンズの投手です。
背番号は18番と、松坂大輔がつけていたものを受け継ぎました。
西武ライオンズのエースとしてまた、日本を代表する投手としても認められています。
投球時は常にポーカーフェイスで、感情は表に出しません。

涌井 秀章のプロフィールを見ていきましょう。
出身地は千葉県松戸市で、生年月日は1986年6月21日生まれです。
身長が185cm 体重が85㎏というところで結構上背がありますね。


↑湧井投手の投球フォームでもっとも特徴的な瞬間です。

出身高校は横浜高校で、松坂大輔の後輩にあたります。
実際に、湧井は松坂2世と呼ばれていました。
甲子園でも優勝まではありあんせんが横浜高校のエースとして活躍。
ストレートのスピードも140km台後半をマークし当然プロの注目を集めました。

2004年のドラフト会議にて西武ライオンズが単独で1位指名をしました。
この時点で松坂大輔の後継者として運命づけられていたと言うしかないですね。
入団時の背番後は16ということで、いかに期待されていたががよくわかります。

涌井 秀章は高卒ルーキでありながら、プロ入りの初シーズンから一軍での登板があり、初勝利を挙げています。

そこからは順調に力を伸ばしてきて、いて西武投手陣の柱となり、エースと呼ばれるまでになりました。
2年目のシーズンから毎年10勝以上の勝ち星を挙げています。
完投能力も高く、スタミナがあります。


↑湧井モデルのグローブです。詳細は画像をクリック。

走り込みの量は相当のもので、松坂大輔が全くかなわないと言っているほどです。

涌井 秀章の持ち球(球種)は直球(ストレート)が最速で150km/hをマークします。
これに加え多彩な変化球を持ちスライダー、カットボール、カーブ、スローカーブ、フォーク、チェンジアップ、シュート、シンカーとかなり多彩です。

涌井 秀章のプライベートはあまり出てきませんが、
顔がフジテレビの女子アナウンサー 平井理央さんに似ていることもよく知られています。

イケメンですから女性ファンも多いです。
いまのところ、彼女や恋人などに関して話題になったことはないですね。
まだまだ年齢も若くこれからでしょうか・・・

すでに球界を背負って立つ投手となった涌井 秀章投手。
将来はメジャー行きも視野に入れていたりするのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。