スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能見 篤史 阪神タイガーズ

能見 篤史(のうみ あつし)は、阪神タイガースの投手です。
阪神タイガースの中心投手として成長してきました。
背番号は14番です。

では能見 篤史のプロフィールを見てみましょう。
生年月日は 1979年5月28日生まれです。
出身地は、兵庫県出石郡出石町(現在は豊岡市となっています)と、阪神の地元と言っていいですね。


高校は鳥取城北高校で普通科体育コースで甲子園を目指しました。
地方大会ではノーヒットノーランを記録するなどしましたが、甲子園には縁がありませんでした。
ただ、能見 篤史は川口知哉、井川慶と並んで高校生左腕三羽ガラスと言われたように、すでに全国的に知られる存在でした。

高校卒業の時にはドラフトにはかからず、社会人野球の大阪ガスに入りました。
ここでは、怪我に泣かされ2003年からようやく活躍を始めます。
2004年には、日本選手権においてジャイアンツに一位指名された野間口貴彦と投げ合い(野村克也監督が率いていたシダックス)で勝利をおさめました。



2004年のドラフトで阪神が自由獲得枠(1位)で能見を獲得しました。
当然、即戦力として期待されていました。

プロ入り一年目の2005年は開幕から一軍登録されましたが、シーズン途中で2軍に落ちるなどしました。
その後も中継ぎなどで登板しますが、はまればすごい活躍をするのですがランナーを出すと制球を乱し失点をするパターンが多く、防御率も4~5点くらいで伸び悩んでいました。
2008年のシーズン後にはトレードの候補に挙がったりもしました。

能見投手は2009年にようやく花開くことになります。
シーズン通して先発ローてションを務め、13勝9敗の成績を収めます。

能見 篤史の持ち球はストレートとスライダーが軸です。
速球は140k台後半です。
フォークボール、チェンジアップも持っており、非常に奪三振率が高いのも特徴です。

これから阪神タイガースを支える真の中心投手となれるかはこれからが勝負です。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。