スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤松 真人 広島東洋カープ

赤松 真人(あかまつ まさと)は、広島東洋カープの外野手です。
背番号は38番です。
広島での外野の一角を担う選手になり、オールスターに出場するなど球界を代表する野手に育ってきています。

右投げ右打ちで、身長は182㎝ 体重は73㎏です。
足の速い赤松を感じさせる身長の割に軽い体重ですね。


↑赤松選手のバッティングフォームです。


それでは赤松選手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1982年9月6日生まれです。
出身は京都府京都市伏見区になります。

出身高校は平安高校で、甲子園でもたびたび聞く名門校ですね。
2年生のときに、甲子園に出場しており、チームはベスト8まで勝ち進みました。
高校卒業時に、実は広島カープからプロの誘いを受けていましたが、それを断り大学へ進学しました。
立命館大学では、野手として活躍、関西学生リーグの記録を作るなどしました。
4年生のときには、主将を務めリーグ優勝を果たしています。

プロ入りは2004年のドラフトで、阪神タイガースから6順目の指名を受けました。
契約金5000万円、年棒800万円で契約しました。


プロ入りしたシーズンから、2軍で大活躍。
、いきなりウエスタン・リーグ首位打者・盗塁王・最多得点・最高出塁率の4冠を獲得という偉業を果たします。
2年目もウェスタンで活躍・・・
ただ阪神では、一軍の外野手層が厚く出場がとても少ない状態でした。
特に赤星外野手、赤松で赤という字がかぶっていることもあり、期待もされいたのでしょうが。

2008年1月6日に赤松 真人に転機が訪れます。
阪神から、新井貴浩のFA移籍の人的補償で広島へ移籍することになりました。
(阪神も赤星選手が2009年をもって引退することは、想定していなかったでしょうから後悔しているのではないでしょうか。)

2008年シーズンから、広島の外野手としてレギュラーを獲得。
結果的に広島の水が合ったということもあるようで、のびのびとプレーできるようです。
打撃のほうはまだまだの部分がありますが、守備に関しては俊足で守備範囲が広く、肩も強いと貢献は高いです。
それゆえか、派手なプレーが少なく印象が薄いのかもしれませんが、守備の数字はゴールデングラブ賞をとる選手よりも優れたものもあります。

赤松 真人選手の課題は、打撃の好不調の波を小さくしていくことでしょう。

赤松選手のプライベートに関しては、2007年に同棲していた彼女とすでに結婚しています。
興味深いのは、藤森中時代において歌手の倖田來未さんと同級生で、野球チームで倖田と二遊間を組んだこともあることと。
立命館大学においては産業社会学部産業社会学科では倉木麻衣と同じクラス。
なぜか、有名人と縁があるということですね。。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。