スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攝津正 福岡ソフトバンクホークス

攝津正(せっつ ただし) 福岡ソフトバンクホークスの投手です。
背番号50番

とにかくコントロールが素晴らしい。
ファンからセッツ様 と呼ばれるほどの中継ぎでの活躍。

では攝津正 のプロフィールを見てい行きましょう。

生年月日は、1982年6月1日生まれ
身長 181㎝ 体重 86㎏
プロ野球選手としては平均的な線ですね。

出身地は秋田県秋田市で高校も地元。




出身高校は、秋田経法大付属高校 名門ですね。
3年生の時に甲子園出場も果たしているんですねしりませんでした。

進路としては大学ではなく、社会人野球へ入って行きます。
JR東日本東北

でもエースとして活躍するようにもなり、都市対抗などへも出場して活躍
で ようやく、2008年のドラフト会議で5位 ソフトバンクホークスが指名。

社会人野球で8年間程度過ごしたこのですから。

2009年のプロ入り初シーズン。
開幕から1軍 中継ぎとしての地位を築いていくどころか、一年目から完全に中継ぎの主力投手になりました。

役割としてはセットアッパー
とにかく記録ずくめ
ホールドの球団記録 登板数も70試合 も球団記録。
文句なしの新人王

リーグ最多登板 最優秀中継ぎ投手 ですから当たり前ですね。




2年目も中継ぎで、1年目同様の活躍。
チームをリーグ優勝に導きます。

この年の契約更改で 攝津正 は、1億円の年俸を提示されました。
が、、これを拒否 プロは3年活躍して一人前だということで、異例のダウン要求。

成績からすれば、もっと貰ってもおかしくはないのですが・・・

プロ入り3年目 2011年シーズンは、チーム事情で先発へ転向。
これも見事にこなしています。
同じ打者と何回も対戦するので、その駆け引きが楽しいとのこと。
とにかく、そのコントロールに全くの陰りはありません。

摂津の持ち玉 球種は
ストレート カーブ スライダー シンカー あたりですね。
ストレートは140キロ台後半も出せるみたいですが、実際の投球では140㎞台前半くらいまでですね。
やはり、コントロールを重視している面があるのでしょう。

プライベートでは、結婚の噂は・・・無さそう。
ということで野球一筋できているみたいですが、社会人経験も長いので彼女くらいはいたと思うのですが。

ともかくあの正確無比なコントロールがあれば、これからも活躍は続きそうです。
あの独特のテークバックが小さな投球フォームは、コントロールに悩んだ時に築きあげたものだそうです。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。