スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松田宣浩 福岡ソフトバンクホークス

松田宣浩(まつだ のぶひろ)は、福岡ソフトバンクホークスの内野手です。
背番号 5
入団以来、ソフトバンクの主軸を打てるバッターとして注目を受けてきました。
2011年シーズンに、ほぼそれを確実にしたという感じがあります。

とにかくリストが強く、引っ張り専門という プルヒッターなんていいますが
まさにそれを地に行くような感じ。
ただ、2011年の転機となったのが、セ・リーグ 横浜ベイスターズから移籍してきた安打製造機 内川の影響。

そのバッティングを間近で見ることにより、引っ張るだけの打撃の意識に変化が出たそうです。

松田宣浩がソフトバンクの主軸打者としての地位を完全に築いたといえるでしょう。
ちょうどソフトバンクも 松中 小久保などベテラン選手の世代交代の時期に差し掛かっています。

では、松田宣浩 選手のプロフィールを見てきましょう。

生年月日は1983年5月17日
身長 179cm
体重 86kg
右投右打 のプレーヤーです。

滋賀県草津市の出身。




野球で頭角を表したのは高校のとき。
岐阜の中京高校で活躍 高校通算60本塁打という見事なかつやくでした。
ここでドラフト候補にも挙げられましたが、夢かなわず進学の道を選びます。

出身大学は 亜細亜大学 に於いても、ホームランの量産体制へ。
その時の東都大学野球リーグの本塁打記録 井口資仁の24本を超えるのも時間の問題と思われていました。
しかし、とある部員の問題で亜細亜大学は試合をすることができなくなり、2部へ降格もしてしまいました。
結局、亜細亜大学を1部へ戻すことは成し遂げましたが、そこまででした。
大学通算(1部リーグ)打率 .225 15本塁打 と微妙なところでしたが、松田宣浩の才能を見ぬいた福岡ソフトバンクホークスへの希望獲得枠でプロの道へ入ることになります。

プロ1年目の2006年シーズン
即戦力としての期待を裏切らず開幕スタメンに名前を連ねます。
しかし、シーズン通しての活躍はかないませんでした。

完全に頭角を現し始めたのは、3年目のシーズン 2008年 3塁手レギュラーを取りました。
シーズンオフには、九州朝日放送の柴田恵理アナウンサーと結婚しました。
活躍の裏には、こんな秘密があったんですね。

その後、怪我などもありましたが、徐々に打撃成績を上げつつ活躍をして来ましたが、どうしてもバッティングが安定しない感じがありました。

2011年が松田宣浩にとって飛躍の年になったのは間違いないでしょう。一番最初に書きましたが、内川の加入で刺激を受け、パワーに加えて一気に安定感を増します。
(そんなにおもいっきり引っ張るだけがバッティングじゃないと・・・)
4番を任せられることもありました。

プライベートでは、早々に結婚したので恋人がなんて話題はないですね。
子供は男の子が一人 奥さん似の可愛い子だそうです。

そう言えば、松田選手の特徴として目がありますね。
瞬き が時に気になります。
本人曰くもう気にすることはなく癖だそうですが、ドライアイ説も根強くあります。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。