スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田幸文 千葉ロッテマリーンズ

岡田 幸文(おかだ よしふみ) は 千葉ロッテマリーンズの外野手です。
背番号66 

とにかく、その守備範囲の広さが魅力 センターへ飛んだ打球はことごとく捕球されてしまうので それを称して エリア66 とまで呼ばれたりします。
もちろん足も早いです。




また育成出身 選手で、初めて全試合出場を果たし、育成の星でもあります。

今の華やかな活躍からは程遠い苦労人でもあります。
そんな 岡田 幸文 選手のプロフィールを見ていきましょう。

生年月日 は1984年7月6日です。
身長  177 cm
体重が 70 kg スリムで身軽な感じそのままですね。

出身地は、栃木県塩谷郡
出身高校が作新学院 と、江川卓 投手の出身校で最近 結構強いです。

甲子園出場はなりませんでしたが、日本大学へ進学しました。

ここからが、苦難の連続
まず肘を痛めて、大学はすぐに中退。

地元に戻り 全足利クラブに所属 ここで約5年間を過ごします。
この間にも怪我があったり

なのですが運命的な出会いも果たしています。
かなり有名になりましたが、奥さんになる 由美子さんとであいます。
足利市の公務員で、市営球場の管理をしていた女性です。

スポーツ選手には最適な?年上のシッカリした方という評判です。

夫 岡田 幸文 選手の育成枠でのプロ入りには反対だっといいます。
年俸 200万円では家族は暮らしていけませんから・・・
ずっと公務員を続けられているそうです。

話を戻して、2007年に足利ガスの嘱託社員となりましたが、2008年のドラフトで育成枠6位で千葉ロッテマリーンズから指名を受けました。

由美子さんを説得する 
自身もかなり悩んだようですが、2年でダメだったらすっぱり諦める
さらに、足利ガスは戻ってきた場合には正社員として雇用すると言う後押しでプロ入りを決意。

異例?の単身赴任でのプロ生活スタート。

こんな状態ですから、ハングリーさも並大抵ではなかったでしょうね。
こっからはまさに下克上
1年目にみごと支配下登録され、背番号が3桁の132から 二桁の66になりました。
本当のチャンスが巡ってきたのは2010年 主力選手の故障でついに一軍での活躍のチャンスが。。

ここで、守備と足で、見事にチャンスをつかみ取ります。

2011年は最初からレギュラーとして活躍、ゴールデングラブ賞にはもちろん誰も文句はありません。

2012年の契約更改で年俸は、3200万円 育成時代から見れば10倍を超える金額に。
でも未だに、単身赴任です。。

残された課題は、バッティングでしょう。
もう少し 打率 出塁率を上げていきたいところでしょう。
それを達成したら、まさに日本を代表する外野手となれるでしょう。

このような選手が出てくるというのは、育成ドラフトもなかなかいい制度なのかもしれないですね。

今日もまたセンターへ打ったばかりにヒットを1本損する選手が。。。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。