スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清原 和博 オリックス・バファローズ

清原 和博(きよはら かずひろ)
日本でもっとも有名なプロ野球選手と言っていいでしょう。
西武→巨人→オリックスと渡り歩き、2008年シーズンを最後に引退することを実質的に表明しています。
内野手です。
背番号は西武時代は3番 それ以降は5番をつけています。


↑清原の切手が出ています。画像クリックしてみてください。

大阪府岸和田市の出身です。
中学時代は岸和田シニアリーグで活躍。
清原 和博の出身校はPL学園です。
高校時代の活躍は伝説になっていて、先に引退した桑田真澄と清原 和博のKKコンビは一世を風靡しました。

清原は桑田と共に1年生からレギュラーを獲得、清原は4番に座りました。
桑田とともに甲子園に5季連続出場で、1年生の夏に優勝、2年生の春・夏は共に準優勝、3年生の春はベスト4、3年生の夏は2度目の優勝というとんでもない実績を残しました。

運命のドラフト、桑田は早稲田大学への進学を希望し、清原はあこがれの巨人を熱望していました。
巨人は桑田を強行指名、清原は南海、日本ハム、中日、近鉄、西武、阪神の6球団から1位指名を受けて西武が交渉権を獲得しました。
清原 和博が記者会見で涙したのも印象的です。

西武ライオンズでの活躍は素晴らしかったのですが打撃タイトルには恵まれず無冠の帝王といわれました。
秋山幸二とのコンビは「AK砲」
その後デストラーデが加わり「AKD砲」ともいわれました。

FA権を獲得して、念願のジャイアンツに移籍を果たします。
KKコンビの復活を果たすということにもなります。
このころから怪我との戦いが始まりました。
好不調の波が激しく、満足に戦ったシーズンも少なかったですね。
でもその存在感から”番長”と呼ばれるようになり、「ワイ」という言葉がメディアを飛び交うようになります。

写真週刊誌にも追いかけられ、画像や写真とかかなり出ていましたね。
セリーグですから映像としてもでる率はぐっと上がりました。

オリックス・バファローズへの移籍はオリックス・バファローズのシニアアドバイザーのる(故)仰木彬さんが「大阪に帰って来い。お前の最後の花道は俺が作ってやる」との口説き文句で決断しました。
清原 和博にとって最大の恩人となりました。

これだけの打者でありながら、タイトル結局無縁で終わりそうです。
ただ積み上げた記録は素晴らしく強打者らしいものです。

2000本安打、500本塁打、1500打点を達成しています。
この記録を達成したのは清原 和博含めてたったの6人。
王貞治、野村克也、門田博光、張本勲、落合博満です。

野球でここまでやれたのですから、きっと悔いはないでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。