スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多田野 数人  北海道日本ハムファイターズ

多田野 数人(ただの かずひと)北海道日本ハムファイターズの投手です。
右投げ右打ちで背番号は16番です。

異色の経歴を持つ多田野 数人 投手 メジャー(大リーグ)からの逆輸入です。

プロフィールは生年月日 1980年4月25日生まれ、出身地は東京都墨田区になります。
身長 181cm 体重 80kg
ちょうど松坂世代と呼ばれるところに入ります。


↑多田野 数人 の画像(写真)です。クリックすると拡大します。

出身校は高校が八千代松陰高等学校で、高校3年の夏にチームを甲子園へ導く活躍でしたしたが、甲子園では一回戦にPL学園に敗れました。
ただその活躍があって、立教大学へ入学。
大学での活躍はすばらしく、ソフトバンクの和田毅(当時は早稲田)や楽天の一場靖弘(当時は明治)らと並び評価される投手でした。
特に和田とは「右の多田野、左の和田」と言われるほどでした。

2002年のドラフトの目玉選手に名前が挙がっており、上位指名が確実な状況でした。
とあるスキャンダルが発覚して、すべての球団が指名を回避しました。
多田野 数人がゲイのビデオに出演していたことがわかってしまったのです。
さいしょは多田野そっくりの男が・・・との噂だったのですが、立教大学野球部の監督が事実を認めました。

このことにより、野球をするためにアメリカへわたりました。
2003年に入団テストを受けてクリーブランド・インディアンスとマイナー契約をを結びました。
この年は3Aまで昇格して、翌2004年にはれてメジャーリーガーになりました。
(契約としてはマイナーのままだったそうです。)

↑多田野 3A時代のキャップ クリックで拡大します。

2006年に結局インディアンスから解雇通告を受けました。
その後アスレチックスの下に当たる3Aサクラメント・リバーキャッツでプレーしてそれなりの活躍も見せましたが、メジャーへのお呼びは掛かりませんでした。
メジャーで成功とまでは行かなかったですね。
このように、日本のプロ野球を経ずにメジャーに行ったのは、マック鈴木以来のことです。

2007年の大学生・社会人ドラフトで異例の逆輸入で北海道日本ハムファイターズが、2回抽選を外れた後に1位指名しました。
契約金6000万円 年棒がなんと3000万円で契約。
新人選手の扱いでは無いですね。

2008年に日ハムで日本でのプロ野球選手としての、生活がスタートしましたが自主トレーニング中に転倒して左手 手首を骨折してしまい、開幕には間に合いませんでした。
5月2日に楽天戦へ当番して、初登板初勝利を挙げています。

シーズン成績は7勝7敗と、少し微妙なところでしょうか。

多田野 数人の独特なのは、その投球ホームです。
体が非常に硬いとのことで(特に下半身)、投げるときのステップ幅が狭く上半身で投げている外国の投手のようです。
球種(持ち球)は140km代のストレートと、変化球がスライダー、ツーシーム、チェンジアップ、フォークなどを投げ分けます。
目玉は何と言っても消える魔球(テレビの画面から消えるので)である超スローボール。ただのボール と呼ばれます。
人を食ったようなボールで球速は40km程度では無いかといわれている山なりボール。
プロであれを投げできちんとコントロールするのは、かなり難しいらしいです。

なんともユニークな北海道日本ハムファイターズ 多田野 数人 投手今度はどんな魔球を・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。