スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田沢純一 メジャーリーガー(大リーガー)

田沢純一(たざわ・じゅんいち)はメジャーリーグを目指す社会人野球 新日石の投手です。

プロフィールは、生年月日が1986年(昭和61年)6月6日生まれで、出身地は神奈川県横浜市になります。
身長 181cm 体重 81kg で右投げ右打ちです。

小学3年生から野球を始めて(三ツ沢小学校)、中学校は松本中学校。
出身校となるのが高校で、横浜商大高です。
田沢純一が2年生のときに横浜商大高は甲子園出場しましたが、ベンチ入りのみでした。
3年生はエースでしたが神奈川県でベスト4どまりでした。
甲子園での当番経験はありません。

2005年に社会人野球がある新日本石油ENEOSへ入社しました。
そこで頭角を現し、ドラフト候補選手として注目され始めました。


↑この帽子を被ることになるのでしょうか。クリックすると拡大してみることができます。

こんなことですので、田沢純一の写真や映像はなかなか無いですね。
動画も少ないでしょう。

2007年は、もう一年会社に恩返しがしたいとの意向を表明、ドラフト指名は回避されました。

迎えた2008年 日本のプロ野球球団が一位指名を検討していました。

2008年 夏の都市対抗では 田沢は全5試合に登板して4勝0敗の成績です。
MVPにあたる橋戸賞をとっています。

日本ハムと横浜ベイスターズがかなり具体的であったようです。

そこへ寝耳に水の情報が飛び込んできました。
田沢純一が日本のプロ野球を飛び越して、最初からメジャーリーグへ挑戦することを表明しました。
日本のプロ野球球団には断りをFAXで入れています。

メジャー各球団は獲得をねらています。
田沢純一の有力な行き先としては、松坂大輔がいるボストン・レッドソックスが上がっています。
タイガース,マリナーズ、ブレーブス、カブス、メッツなども狙っているとのことです。

田沢純一の球種(持ち球)は、まずは最高速156kmをたたき出すストレート。
変化球はスライダーとフォークが主な武器です。


今回問題なのは、日本とアメリカの間でのアマチュア選手にたいする取り決めが全く無いことです。少し語弊があるかもしれませんが、紳士協定という暗黙のルールらしきものがあるだけ。ドラフト対象選手には、ドラフト会議以前は手を出さない ということです。

ただ拘束力も何も無いものであることも確かです
新日石に彼女がいたしないですかね。その人に止めてもらうのがいちばん効果があるかもしれませんね。

田沢純一をドラフトで強行指名する動きもあるようですが、交渉権を獲得しても時間切れを狙われてしまうかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。