スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木 尚広 読売ジャイアンツ(巨人)

鈴木 尚広(すずき たかひろ)は読売ジャイアンツ(巨人)の外野手です。
背番号は12番です。
 なおひろ ではありません

鈴木 尚広のプロフィールです。
生年月日 1978年4月27日で、福島県相馬市が出身地です。
出身校は相馬高校です。
身長が176cm 体重68kgで、プロの中では小さい方ですね。

相馬高校と野球では全く無名の高校で、甲子園の出場経験がありません。
チ-ムとしての成績は1年秋の東北大会ベスト8が最高の成績で、3年の夏の大会では県大会の3回戦で敗退しています。
高校では遊撃手(ショート)で右打者でした。
高校通算打率が4割を超えているのと、きっとその俊足がスカウトの目に留まったのでしょう。
なので、アマチュア時代の鈴木 尚広の画像や写真はほとんど無いようです。


↑鈴木 尚広使用グローブ 画像をクリック

1996年のドラフトでジャイアンツに4位指名されて、契約金が5000万円 年棒が480万円で契約をして晴れてプロの仲間入りをしました。
2006年には年棒が2800万円になっています。

プロ入りしてからは、走塁に関しては、生まれ持った俊足もあり足を認められてはいましたが、故障に弱くバッティングがなかなか上手く行きませんでした。
その間に足を生かすために、左バッターへ転向したり、守備位置を内野から外野へ移ったりしました。


↑鈴木 尚広の応援歌 が入ったCD 画像をクリック

鈴木 尚広は基本的に原辰則監督と縁があるようで、コーチの時代から原監督の目指す野球に合っていたんでしょうね。
2002年に原辰則さんが監督として就任してから一軍での出番が少しずつ増え始めました。

ただ、巨人は大型補強が相次いでいたので、野手でレギュラーを取るのは難しく基本的に控えとしての立場が多いです。
足のスペシャリストとして、代走という起用されることもしばしばです。

ただ本人も足だけは誰にも負けないとの自信を持っていて、そのような飛びぬけた特長があるのでここまでプロでやってこれたのでしょう。

打撃も2006年からスイッチヒッターに戻したりして苦しんではいますが、だんだん向上してきているようです。
2007年シーズンから背番号が68から12へとなっていることからも、チームから期待されていることがわかりますね。

打席に立つときの応援歌というかテーマ曲は、THE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』をつかっています。応援コールはタカヒロです
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。