スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松 聖 オリックスバファローズ

小松 聖(こまつ さとし)はオリックスバファローズの投手です。
背番号は28番。
2008年シーズンに現れた救世主ともいうべき存在で、オリックス投手陣で一番の活躍をして、チームがクライマックスシリーズへ出場できる2位を獲得するのに大きな貢献をしました。
プロ2年目の小松 聖の15勝3敗というのは完全に新人王を獲得ですね。

小松 聖のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1981年10月29日の生まれで、身長は180cm 体重が80㎏です。
右投げ右打ちです。
出身地は福島県いわき市です。

出身校は高校は福島県立勿来工業高等学校 (なこそ)で、甲子園を目指しプレーしていましたが3年生の夏のときに福島県大会で決勝までいくも、敗れてしまいました。

↑小松 聖の投球フォーム画像です。クリックすると拡大します。

大学は国士舘大学へ進学、東都二部リーグで投げていましたが、大学通算で4勝しか挙げられず注目はされませんでした。
学生時代の小松 聖の写真や画像はほとんど見つからないですね。

小松 聖がプロから注目を集める存在となったのは、社会人JR九州へ入ってからです。
2005年はエースだった樋口龍美と町豪将がプロ入りのためチームから抜けたので、エースの座に。
チームのJR九州を第76回都市対抗野球大会九州予選において第一代表獲得に大きく貢献しMVPにも選ばれています。
これらの活躍で一躍プロの注目を集めるようになり、
2006年のドラフトで大学生・社会人ドラフト希望入団枠で指名を受けました。
契約金1億円+出来高5000万円、年棒1500万円で契約しました。

プロ入り1年後の2007年には、一軍で中継ぎ登板をしてプロ入り初勝利もあげていますが、10試合の登板にとどまり十分な活躍とは言えませんでした。
年棒は契約更改で100万円ダウンの1400万円となりました。

2年目の2008シーズンは、先発投手に故障者が相次ぎ先発のチャンスがまわってきました。
プロ入り初勝利を挙げると、そこから順調に勝ち星を伸ばしていきました。
小松 聖の持ち球は、140キロ中盤のストレートと変化球はスライダー、カーブ、フォークを投げます。
内角へズバッとくるストレートと最近投げる投手が少ないカーブはかなり有効です。

勝負はしっかり他球団に研究される2009年シーズンですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。