スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木 雅博 中日ドラゴンズ

荒木 雅博(あらき まさひろ)は中日ドラゴンズの内野手です。
背番号は2です。
走攻守そろった選手で、そのなかでも走、守がすばらしいです。
中日のショート(遊撃手) 井端とセカンド(2塁手)荒木のコンビは、中日ドラゴンズを支えるセンターラインです。
守備範囲は本当に広く、ゴールデングラブ賞を連続で獲得しています。

では荒木 雅博のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1977年9月13日生まれです。
身長は180cm で体重は74㎏です。
血液型はA型です。
結婚はすでにしており家族は瑞恵夫人と長女がいます。


↑荒木選手の画像です。クリックすると拡大します。

出身地は熊本県菊池郡菊陽町で高校も地元の名門校 熊本県立熊本工業高等学校 いわゆる熊本工業ですね。
多くのプロ野球選手を輩出している学校ですね。
高校へは、トレーニング兼ねてかなり遠いところから自転車で通学していたらしいです。
高校時代は、俊足強肩の好遊撃手として主将も務め甲子園も出場をしていますが、甲子園では目立った活躍はできませんでした。
このころの荒木の画像などはあまりありませんね。

荒木 雅博がプロの道へ入ったのは1995年のドラフトです。
中日ドラゴンズに1位指名されました。
このときの中日は、福留孝介(近鉄が指名権を獲得)再び 原俊介( 巨人が指名権を獲得)の末の獲得となりました。
この時から中日ドラゴンズの主力だった立浪の後継者となる選手を探していたんですね。

プロに入ってからは、一軍で活躍できるようになるまではかなり長い時間を要しました。
プロ入り2年目から一軍へに出場機械はありましたが、主に代走によるものです。
出場機会は増えてきましたが、守備位置はセンターを守ったり、内野に戻ったりとなかなか定位置獲得というわけにはいきませんでした。
特に打撃にはなやみ、その俊足を生かすためにスイッチヒッターに挑戦するなどしました。


↑荒木モデルのグローブです。詳細は画像をクリックしてください。

2004年シーズンから完全にセカンドの定位置を獲得しました。
井端とのアライバコンビと言われ始めたのもこのころです。

日本球界にとっては汚点となってしまった北京オリンピックにも、日本代表として出場しています。
球界を代表する選手として成長しました。

2008年の契約更改では、中日ドラゴンズと5年契約を結び実質的に生涯中日の選手であることを選びました。
年棒は1億5000万円ですが、年棒は変動するものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。