スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田 修一 横浜ベイスターズ

村田 修一(むらた しゅういち)は横浜ベイスターズの内野手です。

2012シーズンは フリーエージェントで、読売ジャイアンツへ移籍。
背番号は25
開幕からレギュラーとして出場していますが、出足はそのプレッシャーからか不振となっています。


セカンドを守っていたこともありますが、サードが定位置になっています。
背番号は25番です。

日本を代表する長距離ヒッターとして良く知られていますね。
豪快なバッティングフォームも様になります。
全日本でも4番を務めることもあります。
「男・村田」という愛称?自称?ともいわれます。


↑村田の画像です。バッティングフォームは画像をクリックすれば拡大します。

そんな村田 修一 選手のプロフィールは、生年月日が1980年12月28日の誕生日で、身長が177cm、体重が87kgと長距離砲としてはそんなにすごく恵まれた体格をしているわけではありませんね。
出身地が 福岡県糟屋郡篠栗町で、出身校は高校が東福岡高校で大学が日大(日本大学)になります。

東福岡高校では、投手として甲子園出場を春夏連続で果たしています。
当時の横浜高校の松坂大輔と投げあったこともあります。
高校通算で30本塁打を放っており、長打力はその頃から見せていました。
高校時代の活躍はありましたが、このときにはドラフトにかかることは無く大学へ進学。

日本大学へ入ってからは打者へ転向しました。
東都大学リーグで多くのホームランを放ち一躍プロのスカウトの注目を集めるようになりました。

2002年のドラフト会議で自由獲得枠で入団。
契約金が1億円+出来高5000万円 年棒1500万円で横浜ベイスターズへ入団することになりました。

プロへ入ってからの村田は1年目2003年シーズンから活躍を見せます。
三塁のレギュラーに定着し、ホームランも25本打ちという活躍ですが、荒削りな面も目だって打率はかなり低い状態でした。

打撃が不振になることも何度かありましたが、スタメンやレギュラーのピンチになると起死回生のホームランなどの長打力を発揮してきました。
プロでの経験を重ねる内に打率も徐々に上がってきてきて、3割を超える打率も残せるようになりコンスタントに打てるようにもなっています。

男 村田 修一はなんと言ってもやはりすごいのは長打力で、2007年 2008年と連続でセリーグのホームランキングを取っています。
これは、日本人としては落合博満 以来の快挙です。

村田 修一は、結婚していてプロ入りして2年目のことです。
大学時代からの彼女なのでしょうか。
子供も息子さんがいます。

日本を代表する長距離ヒッターは、確実性も上げてきました近い将来3冠王となるときも来るかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。