スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原 道大 読売ジャイアンツ

小笠原 道大(おがさわら みちひろ)は読売ジャイアンツの内野手です。
どんな状態であれいつもフルスイング見ていてとても気持ちがいいですね。
それで一見豪快に見えたとしても高い打率を残すところが凄いです。
背番号は2番をつけています。

愛称は”ガッツ”といわれることが多いですね。
ミスターフルスイングともいわれますが、小笠原のプレースタイルを端的に表しています。

いまでこそ一塁手(ファースト)または三塁手(サード)ですが、プロへ入ったころはセンター以外はどこでも守れるというある意味 野球センスの塊 とも言えるのでしょうね。
日本ハム時代には捕手としても実際に試合に出ているというのは、本当に珍しいことです。

小笠原 道大のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1973年10月25日生まれで、千葉県千葉市美浜区の出身です。
出身校は暁星国際高等学校(暁星高校)ですが、甲子園への出場などはなかったようです。意外なことですが、高校通算本塁打(ホームラン)は0本ということで今の姿からは全く想像できません。


↑小笠原の豪快なバッティングフォームです。

そこから 小笠原 道大は社会人野球の道を選びNTT関東へ入社、活躍はそれなりにあったようですがチャンスをつかんだのは都市対抗野球で新日鐵君津の補強選手として選ばれたこと。
ここでベスト8へ進む原動力となり注目を集めました。
いまのソフトバンクホークスの松中信彦とクリーンアップをつとめています。

小笠原 道大が1996年のドラフトで日本ハム ファイターズから3位指名を受けました。
入団してからの2年間は、レギュラーではなく出番も少なかったですが、3年目の1999年からは一塁手のレギュラーを獲得、2番打者として活躍して、最強の2番打者と呼ばれるようになりました。


↑小笠原モデルのグローブです

それからの、小笠原 道大の日本ハムでの活躍は目覚ましく 首位打者:2回(2002年・2003年) 最多安打:2回(2000年・2001年)など完全に球界を代表する打者へと成長しました。

2006年にFA権を獲得して、2007年シーズンは読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍しました。
2006年パリーグのMVP、2007年セリーグのMVPと両リーグでMVPを取っていますが、これは江夏豊以来の快挙ということです。

小笠原 道大選手はすでに結婚しているのですが、かなりの恐妻家であるといわれています。日本ハムが本拠地を東京から北海道へ移す際も単身赴任であったとのこと。
(いろいろな事情があるのでしょうが)
そんな状況も、FAで巨人を選んだ理由なのかもしれませんね。

これからもどんどん豪快なフルスウィングを見せてほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。