スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十嵐 亮太 東京ヤクルトスワローズ

2010年 メジャーへ移籍。。

五十嵐 亮太(いがらし りょうた)は、東京ヤクルトスワローズの投手です。
右投げ右打ち。背番号は53番です。
球界を代表する速球投手です。
日本プロ野球において日本人として最速となる158kmの記録を持っています。
一時、日本人でもっとも160kmに近い男と言われたこともあります。
肘を故障してからは、全盛期に比べるとほんの僅かに球速は落ちましたが、そうは言っても150キロを超えますので速いのですが・・・


五十嵐 亮太のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は 1979年5月28日生まれです。
身長は178cm、体重 74kgです。
出身地は北海道留萌市ですが、野球は千葉県のリトルリーグから始めます。
出身高校は敬愛学園です。
野球では全く名が知れている学校ではないですね。
なにせ中学時代には一塁手をしていたということですから、プロ選手にありがちなエースで4番をずっとやってきたというわけではないんですね。
しかし高校でその肩の強さを見抜いた監督が投手(ピッチャー)として起用、すべてがここから始まったといっても過言では無いでしょう。
五十嵐一人の力で地方大会で優勝候補にまでなりましたが、結局甲子園出場は果たせませんでしたが、剛腕投手として全国で名が知れる存在んになりました。
当然プロからも注目を集めます。
1997年のドラフト会議でヤクルトスワローズから2位で指名をうけプロ入りを果たします。

五十嵐 亮太のプロ入り一年目の1998年は、一軍登板はありませんが、高卒ルーキーですからそんなに珍しいことではありません。
2年目のシーズンからチャンスが巡ってきます。
一軍で中継ぎとしての活躍を始めます。もちろん注目はその速球。
一軍へ定着していきます。
それからは故障に苦しむシーズンもありましたが、ヤクルトの中継ぎというかセットアッパーとして不動の地位を獲得。
2000年のシーズンには、中継ぎであわや最多勝といったチャンスもありましたし、2004年には158キロという最高球速を記録しています。


↑五十嵐 亮太 モデルのグローブ。

しかしそのボールを担ぐような形から投げ込むフォーム故か肘への負担により右肘靭帯断裂という大きな故障をしてしまい、肘にメスを入れることになります。トミー・ジョン手術というものだそうです。
結局2006年シーズン途中から2007年間一年を棒に振ります。
2008年に見事復活を果たし、2009年シーズンには21試合連続無失点登板という東京ヤクルトスワローズの球団記録も樹立しています。

五十嵐 亮太の持ち球(球種)は、速球とフォークの2種類が基本。
スライダーとカーブもあるようですがめったに投げないですね。

五十嵐 亮太のプライベートは彼女など気になる存在でした。
何といっても 球界のキムタク と言われるその容姿。
SMAPの木村拓哉さんに顔が似ているということで、人気と野球の実力と高いです。
テレビで実際に共演したこともあります。

横浜ベイスターズのマスコットガールであった人と結婚して既婚者です。
子供も娘が二人います。

あとスワローズマンという覆面男のブログが立ち上がりましたが、間違いなく五十嵐良太本人ですね。。
そんなお茶目な一面もあります。

五十嵐 亮太 投手、その速球を武器に活躍を続けています。
やはり何と言っても、ストレートは一番の魅力ですが30代にも入ってきましたので、いかにピッチングの幅を広げていくかということは、これからの大きな課題なのかもしれません。
160kmのボールも見せてほしいですが。。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。