スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋信二 北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ(たかはし しんじ)は、北海道日本ハムファイターズの捕手です。が、、実質的には内野手(一塁手)と言って良いかもしれません。
背番号は2番です。
右投右打。

北海道日本ハムファイターズの4番打者を任されるほどの打撃が魅力です。
オールスターに出場することもあるのですが、その割にはなぜか全国的に知名度が低い選手ですね。
実力があって活躍しているのですから玄人好みの選手かもしれません。


↑高橋信二 選手のバッティングフォーム。

高橋信二 選手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1978年08月07日生まれです。
身長が182cmで、体重は85kg。
プロ野球選手としては平均的なところでしょうか。
出身地は岡山県津山市です。
出身高校は、岡山県立津山工業高校です。
高校時代の活躍で、1996年のドラフトにおいて7位指名を日本ハムファイターズから受けました。捕手としての入団です。

ドラフト会議では下位指名ではありましたが、スカウトがその才能を見抜いていたということですね。
ドラフト1位であっても、全く活躍できずにプロの世界を去っていく選手もいるだけに本人の努力は言うまでもなく相当であったと思われます。

プロ入りした最初のシーズンは1997年ですが、2軍でわずかな試合に出場するのみでした。
高卒ルーキーですし、捕手ということでやはり時間がかかります。


↑高橋モデルのバットです。詳しくは画像をクリックしてください。

高橋信二の一軍への初出場となったのは2000年のことになります。
僅か一打席のみでしたが、初打席初安打(2塁打)、初打点という離れ業をやってのけました。プロとしてやっていけるなにかをもっていたのでしょう。

しかし、ファイターズの一軍に定着できたのはもう少し後の2003年シーズンとなります。
正捕手候補の選手の故障により、高橋信二 選手に出番が回ってきて、見事に結果を残して正捕手の座をほぼつかみかけました。

2005年シーズンは、その逆で左ひざの靭帯を切ってしまったりで出場できませんでした。
その間に捕手として鶴岡慎也 選手が台頭してきました。

2008年にも、死球を受け骨折をしたりしています。

高橋信二の長打力を生かすため、指名打者での出場や内野手での起用もされるようになり、今に至るといったところです。

高橋信二すでにプライベートでは、結婚はすでにしており、夫人となった人は元読売ジャイアンツのマスコットガールをしていた人です。

小笠原選手の背番号を引き継ぎ、派手さはありませんが、そのバットでチャンスにおいて結果を出してくれる高橋信二 選手はファンにっとて頼りになる存在です。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。