スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田 勝 北海道日本ハムファイターズ

武田 勝(たけだまさる)は、北海道日本ハムファイターズの投手です。
背番号は38。
一見変わった投球フォームから、切れの良い球を投げ込みます。
オーバスローというよりは、横手投げにちかい感じです。
スリークウォーターが一番ぴったりでしょうか。
左腕(サウスポー)ということもあり、より独特のフォームに映るのかもしれません。
直球投手と言うよりは、変化球とコントロールで勝負するタイプです。

武田 勝のプロフィールを見て行きましょう。
生年月日は 1978年7月10日生まれです。
出身地は愛知県名古屋市西区になります。
身長が176cm、体重が71kgとプロにしては大きいほうではないですね。
出身高校は、「関商」「関一」と呼ばれる関東第一高校です。
甲子園にたびたび出場する名門校ですね。
ただ、愛知県にも名門校はたくさんありますが、東京を選んだんですね。


大学は立正大学で野球を続けます。
高校の時からプロの目にとまる存在でしたがドラフトの指名までには至らず、社会人野球のシダックスへ入社します。
ここで野村克也 監督に出会い、才能を完全に開花させます。
2003年の都市対抗野球で、巨人にドラフト指名された野間口投手とともにシダックスを準優勝へ導きます。
このときに巨人は、野間口、武田の両者の獲得を目指したようですが、チームの許可がなく獲得を断念したということです。
(チームを退部する手があることを野村監督からあることも聞いたようですが、逆にそれに意気を感じてチームに残ったようエピソードもあるようです。)

結局プロにドラフト指名を受けるのは2005年になります。北海道日本ハムから4位指名を受けました。

↑武田勝 チビフィギアがかわいいです。詳しくは画像をクリックしてください。

武田勝 投手は、入団した2006年から活躍を始めます。
初年度は、初登板が初勝利になりましたが、骨折もありシーズン中に戦線離脱しました。
故障といってもピッチャー返しを受けてのものです。
しかし、リーグ優勝に大きく貢献しています。
2008年にも同様に打球を手に当て骨折と同じようなことが起きています。
登板したときに活躍は見せているのですが、なかなか二桁の10勝に届かない状態です。


武田勝の球種(持ち球)はストレート、スライダー、チェンジアップ、シュートをになります。直球のスピードは140kmそこそこです。
投球時は完全なポーカーフェイスです。そんなところからも投手向きであることがわかります。

プライベートでは、すでに結婚しています。大学?もしくは社会人の時の恋人なのでしょうか。2005年に入籍ということですから、プロ入りするときに結婚しています。
猫を飼っていてのスコティッシュフォールドです。

武田 勝 投手はかんぜんに、日本ハムの主力投手となりました。
キレのある投球をこれからも見せてくれるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。