スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金子 千尋 オリックス・バファローズ

金子 千尋はオリックス・バファローズの投手です。
背番号は19番。
これからのオリックスを背負っていく、エース候補です。
右投げ左打ちというピッチャーでは珍しいスタイルです。
それだけバッティングも良く、交流戦では8番の打順に入ることもありました。

金子 千尋のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日は1983年11月8日です。
身長は180㎝ 体重77㎏ 


↑金子 千尋の投球フォームです。

速球は150㎞を超えます。
持ち球(球種)は、ストレートを中心にカーブ、カット・ファスト・ボール、スライダー、シュート、チェンジアップ、フォークボールを持っており、かなり多彩で器用さも感じられますね。

出身地は新潟県三条市ですが、出身校は小学生の時に長野市に引っ越しており長野商業高校になります。
その高校時代には、2年春の第72回選抜高等学校野球大会で甲子園出場しました。
甲子園出場はこの時だけですが、地方大会(長野大会)では、ノーヒットノーランを記録するなどしていました。
高校卒業時には、ドラフトで指名はなく、社会人野球のトヨタ自動車へ入社しました。
社会人野球では、3年目に飛躍をして、都市対抗野球でも活躍を見せプロの目に留まる存在となりました。
2004年のドラフトで自由枠でオリックス入団を果たします。
このとき、肘の故障がわかり、指名が回避されるのではと少し話題を振りまきました。

契約金は1億円、年棒は1500万円でサインをしています。


↑金子モデルのグローブです。
詳細は画像をクリックしてください。

2005年シーズンは、肘の故障の影響で一軍の登板はありませんでしたが、ファームでは防御率が0点台という非凡さを感じさせる数字を残しました。
2006年 2007年は、中継ぎを中心に活躍を見せました。
2007年シーズン後半から先発へ転向して、先発として適応できることを示しました。
その後は、基本的に先発での登板となり、2008年 2009年と、好不調の波はありますが2年連続二桁勝利を挙げます。

チームの大黒柱のピッチャーとして成長しています。
リーグを代表するような存在となってきました。

プライベートでは、彼女ではなく2007年に同級生と結婚しています。
2008年には長男が生まれています。
色白の肌と愛らしい顔立ち?から人気選手でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。