スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金本 知憲 阪神タイガース

金本 知憲(かねもと ともあき)は阪神タイガースの外野手です。
背番号は6番です。
”アニキ”の愛称でファンに親しまれている鉄人です。
プロ野球界で40歳を越えてもフルイニング出場の記録を継続しています。
既に日本記録世界記録を塗り替えています。
代打でもOKな連続試合出場と違って本当にきちんとプレーできないと無理な記録です。
鉄人を越えてスーパー鉄人です。

金本 知憲のプロフィールを見て行きましょう。
生年月日は1968年4月3日生まれで、出身地は広島県広島市南区青崎になります。
身長が180cm 体重が88kgと、筋力トレーニングで鍛えた強靭な肉体です。
出身校は、高校が広陵高等学校 (広陵高校)で、全国に名が通った野球の名門校ですが、金本 知憲が在籍していたときは、ちょうど弱い時期に当たってしまったため甲子園の出場はありません。当然画像なんて無いに等しいでしょうね。
金本選手は、大学へ入るのも浪人を経験しています。
中央大学に野球の入学枠で受験しましたが不合格となってしまいます。
しかし、翌年には東北福祉大学に入りました。
これが、実はとても幸運でした。
金本 知憲が入った時は、無名だった東北福祉大学ちょうど全国に知られる活躍を始めたころで、佐々木主浩、大塚孝二など多くの後にプロ野球選手となる人たちとプレーしました。
金本 知憲にとって、東北福祉大の伊藤義博監督との出会いは非常に重要なものとなりました。
日米大学野球選手権大会日本代表に選ばれるほどの活躍で、1991年のドラフト会議で広島カープから4位指名を受けました。

プロへはいいてからも、2年間は目立った活躍ができませんでした。
今からは想像できませんがとても非力な選手として認識されてました。
そこからトレーニングを積み体を作り上げ1994年ころから本格的に一軍での活躍が始まるます。
江藤のFA移籍によって4番の席が空いたので、2000年からは不動の四番打者となりました。


↑金本モデルのグローブ(グラブ)です。

2002年にFA権を獲得、基本的には残留したかったようですが、広島カープの球団方針でFA権を行使して残留することは許さないということで、移籍を決意しました。
複数球団の獲得の意向を示しましたが、当時の阪神タイガースの監督 星野仙一に口説かれて阪神を選択しました。

金本 知憲は阪神タイガースにおいても4番を務め、打撃不振や怪我で出行が危ぶまれる時もありましたが、2006年に904試合連続フルイニング出場の世界新記録を樹立しています。
(それまでは米大リーグのリプケンが記録を持っていました。)

金本 知憲はプライベートをほとんど公開していません。
2001年に結婚しています。奥さんとかは全く表に出てこないですね。
あと両親は韓国人なのだそうです。
芸能人の友人としては、島田紳助さんと親交が深いです。
お酒も好きで集合で、好物は幻の芋焼酎「森伊蔵」で、ヘビースモーカーでもありアスリートのイメージからすると意外な一面も持っていますね。
そんなところも、金本 知憲 選手をより魅力的に見せているのかもしれません。

金本 知憲 40歳を超えてどこまでフルイニング出場記録を伸ばすことができるでしょうか。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

藤川球児 阪神タイガース

藤川球児(ふじかわ きゅうじ)は阪神タイガースの投手です。
背番号22。
1980年7月21日生まれで 身長184cm 体重83kgです。
試合の最後を締めるクローザーを務めていて、恐らくいまの日本でナンバーワンのクローザーだと思われます。

阪神の自慢の継投で3人の頭文字をとってJFKと呼ばれていました。
J:ジェフ・ウィリアムズ F:藤川 K:久保田


↑藤川モデルのグローブ。クリックすると拡大してみることができます。


藤川球児の出身校は高知市立高知商業高等学校 (高知商業)で名門校ですね。
1997年の高校2年生の時に甲子園に出ています。
兄とともに出場で兄弟バッテリーとして話題になりました。
藤川は高知三羽烏と呼ばれるうちの一人でした。

1998年のドラフト会議で阪神タイガーズに1位指名されて入団しました。
契約金1億、年俸700万、で契約しました。
高卒としてはほぼMAXの金額ですね。
入団当時は背番号 30でした。

2000年より一軍で投げる機会が生まれてきましたが、速球の球速が140キロ台中盤程度で、特に目立つような活躍はありませんでした。


↑藤川球児のテーマソングがきちんとシングルCDです。
画像をクリックすると詳細を確認できます。

2004年に肩を痛めて二軍でトレーニングを積み、きっかけとして中継ぎとして復帰してから藤川の快進撃が始まったといえるでしょう。
最初は抑えの久保田の前を投げる。いわゆるセットアッパーをこなしていました。
球速もいつしか150kmを超えるようになり、ストレートで打者の空振りをとれるようになりました。

2006年に久保田の怪我でクローザーに昇格して、今では完全に阪神の守護神のポジションを固めています。

藤川球児の持ち球(球種)は、何といっても浮き上がるようなストレートです。
これは藤川に投げるボールの回転数が普通の投手よりもかなり多いことが原因だと思われます。

火の玉ストレートとも呼ばれます。
変化球は基本的にフォークボールです。
スライダーも投げることはありますが、あまり見たことはありません。

藤川は2000年に早々と結婚しています。
写真や画像などはブレイクする前ですから、あまりありませんね。

ストレートで欲しい時に空振りがとれ、ストレート勝負できる投手は少なく、日本にとってとても貴重な選手であるともいえすでしょう。

岩田 稔 阪神タイガース

岩田 稔(いわた みのる)は阪神タイガースの投手です。
背番号は21番

岩田 稔のプロフィールです。
大阪府守口市の出身で、生年月日は1983年10月31日です。
血液型はO型です。
左投げ左打ち。
身長は178cm 体重85㎏です。


↑岩田稔 画像。クリックすると拡大します。

出身校は高校が大阪桐蔭高校と名門校で2年の秋からエースとなりました。
本来であればこの時点でドラフトにかかる素材だったかもしれませんが、3年の時に腰を故障してしまい登板できませんでした。
中村剛也や西岡剛が活躍していただけに余計に目立たなかったのかもしれません。
このころの岩田の写真や画像はあまりないですね。

3年の冬、岩田 稔を襲った病が糖尿病。
風が原因で1型糖尿病を発症してしまったのです。

進路として社会人野球を選んでいたのですが、関西大学へ進学することになりました。
大学でも怪我に悩まされて、良い成績は上げられませんでしたが、2005年のドラフトで希望入団枠で阪神タイガースを指名しました。
投げる球に将来性が見られたのでしょうね。それだけ光った球を投げていたのでしょう。

契約金は1億円プラス出来高払い5000万円。年俸が1500万円ということで満額回答といったところでしょうか。



岩田 稔の持ち球(球種)はまず、最速150キロのストレート速球と変化球で90キロのカーブが基本。カットボール、チェンジアップを操ります。

2006年シーズンと2007年シーズンは一軍登板はありませんでしたが、2008年シーズンはちょっとブレイクしました。
阪神タイガースの1軍投手でローテーションを守って投げています。
9勝10敗と微妙な勝ち負けのバランスですが。。。
新人王の候補としても名が上がるような活躍ではあります

2007年シーズン中に結婚も発表してることも飛躍につながったかもしれませんね。

糖尿病を抱えて一日に何回もインスリン注射をしなければなりませんが、岩田 稔が活躍することによって勇気づけられる人も多いでしょう。
岩田実本人も他の糖尿病のアスリートに勇気づけられているので、よく自覚しているようです。

平野 恵一 阪神タイガース

平野 恵一(ひらの けいいち)は、阪神タイガースの内野手。
背番号は5番です。
もともとはオリックの選手でしたが、トレードで阪神へやってきました。
本来、内野手で二塁(セカンド)と遊撃(ショート)を守りますが、外野も守ることができます。

プロフィールは、神奈川県川崎市多摩区の出身です。
身長169cm 体重 65㎏ とかなり小柄な部類に入りますね。
生年月日は1979年4月7日です。

出身校は高校が桐蔭学園高等学校で、 3年時に主将として第79回全国高等学校野球選手権大会に出場しました。
この時から平野 恵一の守備に関しては定評が高かったです。


↑この中にすでに平野選手入っています。クリックすると拡大できます。

東海大学へ進学してショートとしての実力を磨き4年時に全日本大学野球選手権で優勝をしました。
2001年のプロ野球ドラフト会議で即戦力の野手としてきたされ自由枠でオリックス・ブルーウェーブに入団しました。
契約金1億円+出来高5000万円 年棒1300万円で契約しました。
自由枠としてのしっかりした評価ですね。

プロ入りは即戦力としての期待が高かったですが、プロの世界はそんなに簡単ではありませんでした。
2004年の2年目より、一軍での出番が増え、2005年よりレギュラーとして出場するようになりました。
守備はもともと得意でファインプレーも多く、バッティングも向上しました。


2006年シーズンは、2塁手として出場した試合中に、ファールフライを追ってフェンスに激突しました。
その代償は大きく、選手生命をも左右しかねない怪我(ケガ)でした。
平野 恵一は登録抹消され、その年は完全に棒に振りました。

2007年は外野手としてシーズンをスタートしましたが、成績不振。
そのオフに、オリックス平野 恵一、阿部健太と阪神タイガース 浜中治、吉野誠との2対2の交換トレードが成立して阪神へ移籍しました。

阪神でも当初は外野手でしたが、2塁手として開幕から出場、シーズン途中で走塁で右ふくらはぎ痛め登録抹消されチームから離脱しました。
肉離れかとも思われましたが、回復は早く守備での貢献は相当大きいです。

ところで平野はすでに結婚しており、子供も一人います。
セリーグでの活躍でメディアの露出も上がり、画像や映像や写真などネットなどでもたくさん見かけるようになりました。

フジテレビアナウンサー 中村 仁美(なかむら ひとみ)さんは平野 恵一と高校時代の同級生です。
カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。