スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口 俊 横浜DeNA

山口 俊(やまぐち しゅん)横浜DeNAの投手です。
背番号 11番

横浜DeNAの守護神 クローザーです。
ストレートとフォーク ツボにハマれば、誰も打てない投手。
三振も取れる。
投手としてのクローザーの適正はあります。
ただ、まだ若干 不安定な部分が残っています。
悪い時にいかに仕事をを果たしていくことが出来るかが課題でしょうね。




では、山口 俊のプロフィールなどを見て行きましょう。
身長 187cm
体重 90kg
スラリと背が高く手足も長いですね。
大分県中津市の出身。

父親が元力士ということで、体が大きいのは何となく納得ですね。

生年月日は 1987年7月11日で年齢的にはまだまだ若いといっていいでしょう。

山口 俊の出身校は柳ヶ浦高校

高校時代から、素質は素晴らしく、2005年の選抜高等学校野球大会で球速は150km超を記録しています。
3年の時には肘を痛めましたが、それでも横浜ベイスターズの評価は下がること無く
2005年のドラフトで高校生1位指名しました。

プロ入り後は、高校生ということを考えると順調に力をつけてきていると言えるのではないかと思います。

プロ入り1年目の2006年から1軍での出場
初登板 初先発 それも巨人戦 で初勝利。
その可能性を大いに感じさせてくれましたが、その後は不安定な投球内容。

2008年からは中継ぎにまわり、セットアッパー クローザーとだんだんと重要な役割を任されるようになって行きました。

2010年からは完全にクローザーとして定着。
30セーブを挙げるなど素晴らしい成績。

これからは、日本を代表する投手として伸びて行って欲しいですね。

プライベートでは、彼女や車に関してネットで話題になったりしているみたいです。
が、そんな目立った報道などはないですね。

年棒は2012年 1億円に到達していて、当然この年令で考えれば大きな収入ですからね。
車とかが好きであれば、高級車に乗りそうですね。。

DeNA横浜 チーム自体の成績が厳しい状況が続いていますが、主力選手として、長く活躍して欲しいですね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

セ・リーグも予告先発

プロ野球の2012年シーズン
そんなに、大きく変わるというほどではないのですが
それなりに変わるのではと 思われる変更があります。

それが セ・リーグも予告先発を導入

これまではパ・リーグのみの実施でした。

ファンのことを考えてということなので、悪いことではないと思われます。
ただ効果がどの程度かはきちんと計らないといけないですね。

先発投手が分かる方が、お客さんが入るのか?

ある意味サプライズはなくなるということでもあります。

ただ、先発が予想できない場合に
偵察選手を入れるということはなくなるので、
まったく打席に立たず交代する選手がいるなんていう
下らないことは避けられますね。

前日に先発投手が発表されます。

多様化の中、ファンをつなぎとめるにはもっともっと工夫は必要でしょうね。

ともかくプロとして普通の人ではできない素晴らしいプレーを全力でする。
そんな基本も大切です。。


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

長野久義 読売ジャイアンツ

長野久義(ちょうの ひさよし) 読売ジャイアンツ 背番号7
外野手です。

ナガノと読まない所が珍しいです。
それよりも
何度も他球団の誘いを断り、紆余曲折があってジャイアンツへ入団したという経緯
自身にとってプレッシャーもあったでしょうが
1年目は新人王
2年目で首位打者を取って、その実力を示しました。



俊足強肩の広い守備範囲も併せ持ちます。

では 長野久義 選手のプロフィールを見ていきましょう。
生年月日 は1984年12月6日生まれ。
出身地は佐賀県三養基郡 と 九州男児です。

身長が180㎝ 体重 80㎏ とがっちりした体格ですね。

出身高校は筑陽学園高校 
出身大学が日本大学
そして
最終的に 社会人Honda硬式野球部

高校では、九州でベスト4が最高の結果で、甲子園出場はできていません。
しかしこの時点で、プロから声がかかっていたようです。
何か光るものを持っていたんですね。



注目を集めるようになったのは、日本大学の4年生のとき
2期連続で首位打者 さらには 強肩 俊足
ベストナイン選出 日本代表 と来ればプロは放っておきません。

2006年のドラフトで北海道日本ハムファイターズから4巡目の指名を拒否
社会人のホンダへ

ホンダでも都市対抗野球で活躍
2008年のドラフトでのジャイアンツからの指名を待つ形に。。
しかし、2008年は千葉ロッテが、強行指名⇒入団拒否
ホンダでさらに一年プレーして
2009年に晴れてジャイアンツがドラフト1位指名

でも忘れていけないのは、何度も入団を拒否していますが、きちんと活躍を実際に続けてきたこと。2009年は第80回都市対抗野球大会で打率.579ときちんとドラフト1位に相応しい成績です。

契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,500万円

プロ入りしてからの活躍は、言うまでもありません
ルーキーイヤーの2010年は 開幕一軍 
規定打席に到達、打率.288、19本塁打で、新人王。
ジャイアンツから3年連続の新人王排出

2年目は、さらに飛躍の年となり 首位打者 打率.317
ベストナイン ゴールデングラブと素晴らしいもの。

プライベートはどうでしょうか。
なかなかのイケメン 社会人時代もあるから彼女と書いても不思議ではないですね。
年齢もプロ入りが若干遅目ですから 結婚してもいいくらい。

長野選手 プロ生活でのスタートが素晴らしいだけに、これからこのレベルをどう保っていくか、より進化した姿を見せてくれることを期待したいですね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

松田宣浩 福岡ソフトバンクホークス

松田宣浩(まつだ のぶひろ)は、福岡ソフトバンクホークスの内野手です。
背番号 5
入団以来、ソフトバンクの主軸を打てるバッターとして注目を受けてきました。
2011年シーズンに、ほぼそれを確実にしたという感じがあります。

とにかくリストが強く、引っ張り専門という プルヒッターなんていいますが
まさにそれを地に行くような感じ。
ただ、2011年の転機となったのが、セ・リーグ 横浜ベイスターズから移籍してきた安打製造機 内川の影響。

そのバッティングを間近で見ることにより、引っ張るだけの打撃の意識に変化が出たそうです。

松田宣浩がソフトバンクの主軸打者としての地位を完全に築いたといえるでしょう。
ちょうどソフトバンクも 松中 小久保などベテラン選手の世代交代の時期に差し掛かっています。

では、松田宣浩 選手のプロフィールを見てきましょう。

生年月日は1983年5月17日
身長 179cm
体重 86kg
右投右打 のプレーヤーです。

滋賀県草津市の出身。




野球で頭角を表したのは高校のとき。
岐阜の中京高校で活躍 高校通算60本塁打という見事なかつやくでした。
ここでドラフト候補にも挙げられましたが、夢かなわず進学の道を選びます。

出身大学は 亜細亜大学 に於いても、ホームランの量産体制へ。
その時の東都大学野球リーグの本塁打記録 井口資仁の24本を超えるのも時間の問題と思われていました。
しかし、とある部員の問題で亜細亜大学は試合をすることができなくなり、2部へ降格もしてしまいました。
結局、亜細亜大学を1部へ戻すことは成し遂げましたが、そこまででした。
大学通算(1部リーグ)打率 .225 15本塁打 と微妙なところでしたが、松田宣浩の才能を見ぬいた福岡ソフトバンクホークスへの希望獲得枠でプロの道へ入ることになります。

プロ1年目の2006年シーズン
即戦力としての期待を裏切らず開幕スタメンに名前を連ねます。
しかし、シーズン通しての活躍はかないませんでした。

完全に頭角を現し始めたのは、3年目のシーズン 2008年 3塁手レギュラーを取りました。
シーズンオフには、九州朝日放送の柴田恵理アナウンサーと結婚しました。
活躍の裏には、こんな秘密があったんですね。

その後、怪我などもありましたが、徐々に打撃成績を上げつつ活躍をして来ましたが、どうしてもバッティングが安定しない感じがありました。

2011年が松田宣浩にとって飛躍の年になったのは間違いないでしょう。一番最初に書きましたが、内川の加入で刺激を受け、パワーに加えて一気に安定感を増します。
(そんなにおもいっきり引っ張るだけがバッティングじゃないと・・・)
4番を任せられることもありました。

プライベートでは、早々に結婚したので恋人がなんて話題はないですね。
子供は男の子が一人 奥さん似の可愛い子だそうです。

そう言えば、松田選手の特徴として目がありますね。
瞬き が時に気になります。
本人曰くもう気にすることはなく癖だそうですが、ドライアイ説も根強くあります。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

攝津正 福岡ソフトバンクホークス

攝津正(せっつ ただし) 福岡ソフトバンクホークスの投手です。
背番号50番

とにかくコントロールが素晴らしい。
ファンからセッツ様 と呼ばれるほどの中継ぎでの活躍。

では攝津正 のプロフィールを見てい行きましょう。

生年月日は、1982年6月1日生まれ
身長 181㎝ 体重 86㎏
プロ野球選手としては平均的な線ですね。

出身地は秋田県秋田市で高校も地元。




出身高校は、秋田経法大付属高校 名門ですね。
3年生の時に甲子園出場も果たしているんですねしりませんでした。

進路としては大学ではなく、社会人野球へ入って行きます。
JR東日本東北

でもエースとして活躍するようにもなり、都市対抗などへも出場して活躍
で ようやく、2008年のドラフト会議で5位 ソフトバンクホークスが指名。

社会人野球で8年間程度過ごしたこのですから。

2009年のプロ入り初シーズン。
開幕から1軍 中継ぎとしての地位を築いていくどころか、一年目から完全に中継ぎの主力投手になりました。

役割としてはセットアッパー
とにかく記録ずくめ
ホールドの球団記録 登板数も70試合 も球団記録。
文句なしの新人王

リーグ最多登板 最優秀中継ぎ投手 ですから当たり前ですね。




2年目も中継ぎで、1年目同様の活躍。
チームをリーグ優勝に導きます。

この年の契約更改で 攝津正 は、1億円の年俸を提示されました。
が、、これを拒否 プロは3年活躍して一人前だということで、異例のダウン要求。

成績からすれば、もっと貰ってもおかしくはないのですが・・・

プロ入り3年目 2011年シーズンは、チーム事情で先発へ転向。
これも見事にこなしています。
同じ打者と何回も対戦するので、その駆け引きが楽しいとのこと。
とにかく、そのコントロールに全くの陰りはありません。

摂津の持ち玉 球種は
ストレート カーブ スライダー シンカー あたりですね。
ストレートは140キロ台後半も出せるみたいですが、実際の投球では140㎞台前半くらいまでですね。
やはり、コントロールを重視している面があるのでしょう。

プライベートでは、結婚の噂は・・・無さそう。
ということで野球一筋できているみたいですが、社会人経験も長いので彼女くらいはいたと思うのですが。

ともかくあの正確無比なコントロールがあれば、これからも活躍は続きそうです。
あの独特のテークバックが小さな投球フォームは、コントロールに悩んだ時に築きあげたものだそうです。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最新記事
information




ブログランキング
blogram投票ボタン
parts
SEO
My Yahoo!に追加
Add to Google
  • seo

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。